個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】相対性理論/ペペロンチーノ・キャンディ

投稿日:2018年1月26日 更新日:

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』!

実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。

最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した現在、当時の勢いを感じられていないというのが正直なところ。もう一度我々をざわつかせてくれる日を待っています。

今回は、『シンクロニシティーン』の6曲目『ペペロンチーノ・キャンディ』のレビューです。

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

candy

『ペペロンチーノ・キャンディ』の全体概要

基本情報

アーティスト相対性理論
曲名ペペロンチーノ・キャンディ
演奏時間3:26
作詞真部脩一 & ティカ・α
作曲真部脩一 & やくしまるえつこ
編曲?

ティカ・αはやくしまるえつこの別名義。

作詞作曲とも真部脩一とやくしまるえつこによる共作となっています。

『ペペロンチーノ・キャンディ』収録アルバム

アルバム名トラック#
シンクロニシティーン6

『シンクロニシティーン』の6曲目に収録されています。

※『ペペロンチーノ・キャンディ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

“ペペロンチーノ”といえばパスタの一種という認識が一般的かと思いますが、こちら、本来のイタリア語では”トウガラシ”を意味する言葉です。なので、曲名の『ペペロンチーノ・キャンディ』とは、“トウガラシ味のキャンディ”ということになります。

うーん、シンプルにマズそう

そんな曲名を持つ『ペペロンチーノ・キャンディ』ですが、歌の方は「お嬢さん」をキーワードにナンセンスな言葉遊びをするという内容になっています。

“ペペロンチーノ”も”キャンディ”も全然関係ないな…。

…関係ないんですが、『ペペロンチーノ・キャンディ』と「お嬢さん」を結び付けて、あえて深読みしてみようと思います。

“ペペロンチーノ”も”キャンディ”も食べ物であり、”ペペロンチーノ(トウガラシ)”=”辛いモノ”と考えることができる一方、”キャンディー”=”甘いモノ”と考えることができます。

『ペペロンチーノ・キャンディ』とは、”辛いモノ”と”甘いモノ”の対比関係を持つ言葉の並びだと言えますね。

こういった対比関係を持つ言葉の並びを踏まえ、歌のテーマ(?)である「お嬢さん」を絡めると、一つの言葉が浮かび上がってきます…!

それは…ツンデレ

そう、2019年現在の今、死語になりつつある言葉、”ツンデレ”です。

この言葉も、”辛い”と”甘い”の対比関係を持つワードですよね。そして”ツンデレ”は「お嬢さん」と非常に相性のいい言葉でもあるのは異論はないと思います。

ということで私の結論。本作『ペペロンチーノ・キャンディ』はツンデレなお嬢さんについて歌った楽曲である。

Amazonで試聴できます。

『ペペロンチーノ・キャンディ』収録アルバムレビューリンク

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】黒夢/BABY GLAMOROUS

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Far East ~大陸に向かって~

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/愛の 愛の星

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/出逢った頃のように

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】hide/ever free

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。