個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/シャングリラ

投稿日:2017年11月2日 更新日:

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』!

気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言える立ち位置になっています。

そんな『チャットモンチー』も、メンバー脱退を経てギターボーカルとベースの二人になり、すでにメジャーデビューから10年以上が経過しています。もはや、ガールズバンドという括りではおさまりきらないバンドなのではないでしょうか。

今回は、『シャングリラ』のレビューです。

※『チャットモンチー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/チャットモンチー

phone

『シャングリラ』の全体概要

基本情報

アーティストチャットモンチー
曲名シャングリラ
演奏時間3:18
作詞高橋久美子
作曲橋本絵莉子
編曲チャットモンチー

『チャットモンチー』の3rdシングル。

アニメ”働きマン”のエンディングテーマにもなりました。

『シャングリラ』収録アルバム

アルバム名トラック#
生命力3
チャットモンチー BEST〜2005-2011〜5
BEST MONCHY 1 -Listening- (CD1)6

2ndフルオリジナルアルバム『生命力』に収録。

※『シャングリラ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『チャットモンチー』のシングルで初めてオリコントップ10入りを果たしたのが本作『シャングリラ』。

過去2作のシングル『恋の煙』や『恋愛スピリッツ』は曲名が歌詞に出てこないタイプだったのですが、本作『シャングリラ』はサビの頭で思いっきり「シャングリラ」と歌ってくれます。この覚えやすさが初めてオリコントップ10入りできたこと無関係ではないでしょう。

それからこのMV!

バンドの作るおしゃれなMVといえば、女の子にゆるいダンスをさせるのが定番ですが、バンド+ゆるいダンスという構成は、私の知る限り『チャットモンチー』の『シャングリラ』が最初だったような気がします。この曲は2006年リリースなので、ずいぶん前ですね。

あと、本作『シャングリラ』を語る上で外せないのは変拍子ですかね。

サビで「シャングリラ」と歌う前、4/4拍子で考えると余計な1拍が入っています。この1拍の違和感が直後の「シャングリラ」というフレーズを余計に印象的なものにしているのでしょう。

何かと計算しつくされた感のある楽曲ですが、実際聴いてみると素直に良い曲だとも思います。

…思いますが、この曲で『チャットモンチー』の引き出しは出尽くしたかなと思い、当時はこれ以降の楽曲を追いかけるのをやめてしまいました。

そしてそして時を経て、ベストアルバム『チャットモンチー BEST〜2005-2011〜』を聴いてみると、『チャットモンチー』の引き出しはこんなもんじゃなかったことを思い知らされることになりました 笑。

『シャングリラ』収録アルバムレビューリンク

※『チャットモンチー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/チャットモンチー

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/ツマサキ

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/wish★

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】hide/MISERY

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/PEACE

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/FAKE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 再始動前の2009年、『LUNA SEA』のリードギターを担当するSUGIZOがHIDEの …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。