個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Please, forgive me

投稿日:2017年8月29日 更新日:

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。

女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。

丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET CROW』の魅力です。世間的には地味なイメージを持たれてそうですが、楽曲はとても味わい深くて、飽きずに長くお付き合いできますよ。

今回は、アルバム『SPARKLE 〜筋書き通りのスカイブルー〜』の9曲目、『Please, forgive me』のレビューです。

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

statues

『Please, forgive me』の全体概要

基本情報

アーティストGARNET CROW
曲名Please, forgive me
演奏時間4:19
作詞AZUKI七
作曲中村由利
編曲古井弘人

作詞、作曲、編曲はいつもの面々。

『Please, forgive me』収録アルバム

アルバム名トラック#
SPARKLE 〜筋書き通りのスカイブルー〜9

オリジナルアルバム『SPARKLE 〜筋書き通りのスカイブルー〜』の9曲目に収録。

※『Please, forgive me』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

歪んだギターのソロフレーズがオープニングを飾る『Please, forgive me』。ベースやバスドラムの音が強調されているのも特徴的です。『GARNET CROW』にしては激しめな楽曲と言ってもいいかもしれません。

本作『Please, forgive me』といい『wish★』といい、アルバム『SPARKLE 〜筋書き通りのスカイブルー〜』の後半は『GARNET CROW』の持つ本来の穏やかなイメージとは異なるタイプの曲が続きますね。

どっちもお気に入りですが 笑。

『Please, forgive me』、曲の構成がおもしろいです。いわゆる”間奏”に当たる部分が無く、ひたすら歌パートが繰り返されます。

そのせいか、Aメロがまるで大サビのように聞こえるんですよね。具体的には、”1番サビ直後のAメロ”と”最後のサビ直後のAメロ”です。

このAメロが大サビに聴こえる現象、間奏が無いことのほかにAメロとサビのメロディーの作り方にも秘訣があるように思います。サビのメロディーは伸びやかで譜割が大まかな一方、Aメロのメロディーは上下が激しく、サビに比べると譜割も細かめです。

この対比によって、サビの直後のAメロが大サビのように聴こえるのではと推察します。

…なんだか偉そうな分析しておいて、Aメロが大サビのように聴こえるのが私だけだったら…すみません 笑。

『Please, forgive me』収録アルバムレビューリンク

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/HIGHWAY NO.5

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Rescue me

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。 2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/TIME SLIP

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/クリスタル・ゲージ

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Miki Piano

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。