個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/親知らず

投稿日:2017年11月7日 更新日:

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』!

気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言える立ち位置になっています。

そんな『チャットモンチー』も、メンバー脱退を経てギターボーカルとベースの二人になり、すでにメジャーデビューから10年以上が経過しています。もはや、ガールズバンドという括りではおさまりきらないバンドなのではないでしょうか。

今回は、『親知らず』のレビューです。

※『チャットモンチー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/チャットモンチー

dental

『親知らず』の全体概要

基本情報

アーティストチャットモンチー
曲名親知らず
演奏時間4:53
作詞高橋久美子
作曲橋本絵莉子
編曲チャットモンチー

1stフルオリジナルアルバム『耳鳴り』の1曲目、『東京ハチミツオーケストラ』の続編という位置づけ。

『親知らず』収録アルバム

アルバム名トラック#
生命力1
チャットモンチー BEST〜2005-2011〜10
BEST MONCHY 1 -Listening- (CD1)12

2ndフルオリジナルアルバム『生命力』1曲目に収録。

※『親知らず』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『親知らず』が生えてきた若者が、これをきっかけに自分の家族のことを思い出す、そんな1曲。

耳を引く音楽的な仕掛けはなく、素直な楽曲構成になっています。

サビのメロディーも『チャットモンチー』にしては起伏が少ない作り。橋本絵莉子のハイトーンボイスも控えめです。覚えやすいキャッチーなキーワードが乗っているわけでもありません。

…つまり、地味な曲…というイメージ。。。

“家族”というテーマを”親知らず”に絡めて展開する内容も、特に斬新というわけでなく、普通の域を出ない範囲かなと…。言葉選びも平凡というか…。

決して悪い曲ではないんですが、『チャットモンチー』に求めているものはこれじゃないんだよなぁ、もっと知らない世界を見せてほしいなぁ、というのが全体的な感想です、すみません。

ただ、最後のサビ前、「この幸せが…」というフレーズは悔しいけどグッときました。

子供の目線で親を見て、さらにその目線で自分を見つめる。そうすることで気づける、とてもシンプルな真実が語られています。

ここは文句なしで素敵です。

Amazonで試聴できます。

『親知らず』収録アルバムレビューリンク

※『チャットモンチー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/チャットモンチー

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/Life 〜遠い空の下で〜

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 同郷の友人で組んだバンドが天下を取るという、少年漫画もびっくりの熱いストーリーも『GLAY』の魅力の一つです。青春を …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/二人のロケット

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ラスカ

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/UNFINISHED

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Walkin’ In Sunshine

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。