個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/JUNK ART

投稿日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

同郷の友人で組んだバンドが天下を取るという、少年漫画もびっくりの熱いストーリーも『GLAY』の魅力の一つです。青春をバンドにささげたロックキッズなら誰もが夢みる妄想を現実のものにしてしまったバンドと言えるでしょう。

もちろん、その成功の裏には我々の理解を超えた数々の苦悩があったのでしょうが…。

今回は、『GLAY』の楽曲、『JUNK ART』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

『JUNK ART』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名JUNK ART
演奏時間4:34
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY & 佐久間正英

『JUNK ART』収録アルバム

アルバム名トラック#
SPEED POP11

オリジナルアルバム『SPEED POP』の11曲目に収録。

※『JUNK ART』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

バンドサウンドを縦に合わせたキメが印象的な1曲『JUNK ART』。『GLAY』がメジャーデビューする何年も前のデモテープから存在する、かなり歴史のある作品です。

この楽曲がお気に入りという方もいると思うのでなかなか言いづらいのですが、本作『JUNK ART』の歌詞のダサさは『GLAY』作品の中でもなかなか上位ではないでしょうか。

一言でダサいと言っても、中には”一周回ってかっこいい”的なものもあるかと思います。例えば『彼女の“Modern…”』とか『千ノナイフガ胸ヲ刺ス』辺りですね。これら、曲名はダサいんですけど、楽曲自体は”一周回ってかっこいい”の部類だと思います(少なくとも私の中では)。

しかし、『JUNK ART』は…“一周回らない”のです…!

何度聴いても…歌詞が好きになれないんですよね…。なんというか、『JUNK ART』には“真面目なこと言ってるけどスベってる感”があるのです。それがどうしてもダサいと感じてしまう…。

まぁ、これは完全に個人の好みの問題ですから。

本作『JUNK ART』にかっこよさを感じている人も確実にいるはずで。そういう方に対してはちょっと失礼な内容でしたよね。すみません。

本作『JUNK ART』、歌詞がダサいってだけで、相変わらずメロディーはキャッチーですし、TERUの若々しい声も聴き応えがある楽曲です(取って付けた感)。

Amazonで試聴できます。

『JUNK ART』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/MOON

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 復活後も定期的に新作をリリースして楽しませてくれるのみならず、ライブでは最新の技術によって …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Rescue me

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。 2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/エレクトリック・パブリック

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Double Moon

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/IN MY DREAM (WITH SHIVER)

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。