個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/彼女の“Modern…”

投稿日:2017年12月11日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類されことが多いバンドですが、音楽性は完全にJ-POPのそれ。

メンバー間の仲の良さがにじみ出る優しい楽曲に心癒された方も多いのではないでしょうか。

今回は、『GLAY』の楽曲、『彼女の“Modern…”』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

wedding-dresses

『彼女の“Modern…”』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名彼女の“Modern…”
演奏時間4:30
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY & 佐久間正英

3rdシングル。

本作のタイミングでプロデューサーに佐久間正英氏が参加。

『彼女の“Modern…”』収録アルバム

アルバム名トラック#
灰とダイヤモンド2
SPEED POP3
REVIEW-BEST OF GLAY2
DRIVE-GLAY complete BEST (DISC 1)9
THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜 (Disc 1)3
rare collectives vol.3 (Disc 2)4
rare collectives vol.4 (Disc 2)7

インディーズ盤の『灰とダイヤモンド』が最初の収録。ただし、こちらはシングルとはアレンジが異なっています。当時(90年代前半)のインディーズなので仕方ないかもしれませんが、けっこうペラペラな音です。

また、『rare collectives vol.3』はライブバージョン、『rare collectives vol.4』は42ndシングル『Precious』のカップリングにもなった再録バージョンが収められています。

その他はオリジナルアルバム『SPEED POP』を含めてシングルバージョンでの収録。

しかし、こうして見ると『彼女の“Modern…”』は本当に数多くの作品に収録されている楽曲ですね。

※『彼女の“Modern…”』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

シンプルな直球ロックな楽曲、『彼女の“Modern…”』。

直球過ぎてBメロが存在しません。その代わり、盛り上げるための大サビはしっかり存在。そして、イントロもAメロもサビも大サビも、Ⅳ→Ⅴ→Ⅵmに基づいたシンプルなコード進行。

疾走感があっていいですね。古き良きJ-POPのロックな楽曲です。

しかし、この『彼女の“Modern…”』って曲名は…どうなんでしょうか。

“Modern”ってワードが本来の”現代的”という意味を通り越して、今やレトロ感を出している気がします。 それから、日本語と英語混ぜる感じが90年代臭プンプンです。

平成も終わって令和になった今、『彼女の“Modern…”』という曲名は言葉を選ばずに言ってしまうと、やはりダサいという評価なのだと思います。

…少々辛口なことを書きましたが、なんだかんだ言って私はけっこう好きなんです。この『彼女の“Modern…”』という曲名。

正直、ダサいといえばダサいのですが、 私の中では一周回ってかっこいいような気もしています(と同時に、周回遅れでないことを祈っています)。

ファッションが流行を繰り返すように、いつかはこんなタイプの曲名もアリだと思われる時代が巡って来るかもしれません…。

Amazonで試聴できます。

『彼女の“Modern…”』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Walkin’ In Sunshine

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/ENDLESS RAIN

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/夏の幻

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/さよなら冬美

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】ZONE/白い花

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。