個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/レッツゴーKY

投稿日:2018年3月21日 更新日:

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。

自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動を続ける姿は、まさにロックと言えるのではないでしょうか。純粋にかっこいいと思えます。

今回は、『レッツゴーKY』の個別楽曲レビューです。

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

musician

『レッツゴーKY』の全体概要

基本情報

アーティストゴールデンボンバー
曲名レッツゴーKY
演奏時間4:20
作詞鬼龍院翔
作曲鬼龍院翔
編曲tatsuo & 鬼龍院翔

曲名の”KY”とは”空気読めない奴”を意味する略語。

2019年現在、この”KY”という表現はあまり耳にしなくなった気がします。

『レッツゴーKY』収録アルバム

アルバム名トラック#
ゴールデン・アワー〜上半期ベスト2010〜1

『ゴールデン・アワー〜上半期ベスト2010〜』の1曲目に収録。

※『レッツゴーKY』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

“KY上等!”そんな思いが込められた1曲、『レッツゴーKY』。

ヴィジュアル系テイストを纏いながらも、ポップなメロディーラインがいかにも『ゴールデンボンバー』らしい楽曲です。

サビで連呼する『レッツゴーKY』という曲名の印象のせいか、”空気が読めない自分への自虐”を歌った楽曲のように聴こえますよね。実際はそんな想いが込められているのも間違いはないのでしょう。

ただ、よく聴くと”空気を読みすぎる自分への戒め“とも受け取れる、そんな気もするんです。

本作『レッツゴーKY』の歌詞中に出てくる「出る杭」や「女子の反感」といった言葉。空気の読めない人が陥りがちな扱いとそのキーワードです。

ただ、『レッツゴーKY』では、この言葉を“「出る杭」になろう”“「女子の反感」を勝ち取ろう”と歌っているんです。空気が読めない自分への自虐の歌であれば、”空気が読めなくて「出る杭」になってしまう”、”空気が読めなくてついつい「女子の反感」を買ってしまう”と歌うはずでしょうが、実際はそうは歌っていないんです。

何をしたら「出る杭」になってしまうのか、何をしたら「女子の反感を」買ってしまうのか、『レッツゴーKY』の主人公はそれを知っているからこそ、能動的に空気が読めない人になれる。何をすれば空気の読めない人になれるかわかるってことは、実は普段は空気を読みすぎて行動できない人、それが『レッツゴーKY』の主人公なんじゃないでしょうか。

『レッツゴーKY』という曲名、”空気読めない自分だけど関係ねーぜ!”という意味とも取れますが、実は、”殻を破って空気の読めない奴になってしまえ!”という意味なのかもしれません。

そういう意味では空気を読みすぎて悶々と過ごしている人にこそ聴いてほしい、『レッツゴーKY』はそんな1曲です。

Amazonで試聴できます。

『レッツゴーKY』収録アルバムレビューリンク

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Lies and Truth

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ENEMY

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/LOVE SLAVE

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 同郷の友人で組んだバンドが天下を取るという、少年漫画もびっくりの熱いストーリーも『GLAY』の魅力の一つです。青春を …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/JESUS

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Rock’n Roll

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 解散したわけではな …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。