個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/クラシック

投稿日:

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。

1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に解散しました。『JUDY AND MARY』と同時期に解散した多くのバンドが再結成を遂げ続ける中、このバンドは復活の気配すら感じられないまま今に至っています。

今回は、『JUDY AND MARY』の楽曲、『クラシック』のレビューです。

※『JUDY AND MARY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/JUDY AND MARY

woman

『クラシック』の全体概要

基本情報

アーティストJUDY AND MARY
曲名クラシック
演奏時間3:49
作詞Tack and Yukky
作曲TAKUYA
編曲JUDY AND MARY

『JUDY AND MARY』の10thシングル。

作詞が”Tack and Yukky”名義となった初めてのシングルA面楽曲。

『クラシック』収録アルバム

アルバム名トラック#
THE POWER SOURCE8
FRESH12
The Great Escape -COMPLETE BEST- (DISC 01)3
COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」 (DISC 02)1

メジャー4thアルバム『THE POWER SOURCE』の8曲目に収録。

※『クラシック』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

情熱的ながらも詩的な歌詞が素敵な名作『クラシック』。

本作『クラシック』、これまでの『JUDY AND MARY』の楽曲と比べると詩的な風景描写が目立っているように思います。YUKIに加えて作詞に携わっているギターTAKUYAのエッセンスでしょうかね。

ただ、この風景描写がすごくイイんです。

退屈になりがちな風景描写のシーンをこれほどまでに上手く配合しているポップスはなかなか無いのではないでしょうか。実に美しくて情熱的

比較的落ち着いたサビのメロディーも、この詩的な作品に非常にマッチしています。

元気が良くてはっきりしたサビを展開する楽曲が『JUDY AND MARY』の魅力だと思っていますので、そういう意味では本作『クラシック』は例外的な存在かもしれません。

しかしながら、この詩の内容をバラード調に仕上げず、きっちりポップなバンドサウンドでまとめ上げているのはさすが『JUDY AND MARY』。

ポップミュージックとして気負わずつまみ食いするのも良し、良質な名作としてじっくり詩の世界に浸るのも良し、攻守に優れたすばらしい楽曲です。

Amazonで試聴できます。

『クラシック』収録アルバムレビューリンク

※『JUDY AND MARY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/JUDY AND MARY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/グロリアス

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Subjective Late Show

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/見して 見して

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤た …

【個別楽曲レビュー】hide/TELL ME

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】GLAY/出逢ってしまった2人

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。