個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/Lovers change fighters, cool

投稿日:2018年2月3日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュースしたあのYOSHIKI率いる『X JAPAN』を超えたと言っても過言ではないでしょう。(もちろん、CDがたくさん売れた方が偉いとか、そういった話をつもりはないです。あくまで数字的な観点で。)

今回は、『GLAY』の楽曲、『Lovers change fighters, cool』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

baseball

『Lovers change fighters, cool』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名Lovers change fighters, cool
演奏時間3:59
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY& 佐久間正英

『Lovers change fighters, cool』収録アルバム

アルバム名トラック#
BELOVED2

オリジナルアルバム『BELOVED』の2曲目に収録。

※『Lovers change fighters, cool』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『Lovers change fighters, cool』という曲名、直訳すれば“恋人は戦士を変える、カコイイ!”といったところでしょうか。うん、少なくとも、曲名はカコイイ!とは言い難いですね 笑。

ただ、そんなダサい(失礼)曲名が『GLAY』らしい 笑。

楽曲の方は、スピード感あふれる内容になっています。

アルバム『BELOVED』の2曲目というポジションにピッタリですね。1曲目の『GROOVY TOUR』でワクワク感を高めた後、2曲目の本作『Lovers change fighters, cool』のスピード感でリスナーのテンションさらに高める、そんな流れを感じます。

これは経験則なのですが、名アルバムは2曲目にスピード感のある楽曲を配置することが多いです。それも、小細工を極力抑えた、そのバンドの得意な形の直球ナンバーですね。

本作『Lovers change fighters, cool』は、当時の『GLAY』にとって、まさに”お得意の直球スピードナンバー”に相当する作品だったのだろうと推察しています。

あと、この楽曲は歌うのが難しそうです。Aメロからサビまで、どこを切り取っても早口なので。メロディーから外れずに歌いきるリズム感と息継ぎのタイミングをしっかりキャッチする能力が必要そうです。

そんな本作『Lovers change fighters, cool』をしっかり歌い上げるボーカルTERUのリズム感は、かつてドラマーだったことに由来する部分があるかもしれません。

『Lovers change fighters, cool』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Reason

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。 2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが …

【個別楽曲レビュー】B’z/だったらあげちゃえよ

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録を保持している『B’z』ですが …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Holy ground

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】黒夢/Merry X’mas, I Love You

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Future World

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。