個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/GROOVY TOUR

投稿日:2018年2月2日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュースしたあのYOSHIKI率いる『X JAPAN』を超えたと言っても過言ではないでしょう。(もちろん、CDがたくさん売れた方が偉いとか、そういった話をつもりはないです。あくまで数字的な観点で。)

今回は、『GLAY』の楽曲、『GROOVY TOUR』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

joy

『GROOVY TOUR』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名GROOVY TOUR
演奏時間6:12
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY& 佐久間正英

演奏時間は6分超えと長めではありますが、バラードではありません。

『GROOVY TOUR』収録アルバム

アルバム名トラック#
BELOVED1

オリジナルアルバム『BELOVED』の1曲目に収録。

※『GROOVY TOUR』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『GLAY』のメジャー3rdアルバム『BELOVED』の1曲目が本作『GROOVY TOUR』。

ですので、当たり前の話ですが、私がアルバム『BELOVED』を購入し、CDプレイヤーの再生ボタンを押下して、一番最初に耳にしたのがこの曲。

正直、初めて『GROOVY TOUR』を聴いたときの感動が今でも忘れられません。

『GLAY』らしくポップでロックなイントロの後で伸びやかなTERUのボーカルで歌い上げるサビが始まった時、素直に”めっちゃいい曲!”って思ったんです。

アルバムの1曲目って、”これから始まるアルバムにどれだけ期待感を持たせられるか”という役割があると思うんです。”ワクワク感”と表現してもいいかもしれません。その”ワクワク感”が、本作『GROOVY TOUR』にはぎっしり詰まっています!

演奏時間が6分以上もあるなんて、後で調べて知るくらい、曲が流れている間はワクワクな時間を過ごせます。

この『GROOVY TOUR』が1曲目で演出するワクワク感のおかげで、アルバム『BELOVED』の評価は私の中ではかなり高いです。

結局、『GLAY』のオリジナルアルバムの中では、『BELOVED』を一番ヘビロテしたんじゃないかなってくらい。

そしてさらに恐ろしいことは、1曲目の本作『GROOVY TOUR』が序章にすぎないと言えるほど、アルバム『BELOVED』は濃密な名曲がこの後バンバン登場してくるところなんですよね…。

『GROOVY TOUR』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/じれったい

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/SHINE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/CALL FOR LOVE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 復活後も定期的に新作をリリースして楽しませてくれるのみならず、ライブでは最新の技術によって …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/セ■クスレスデス

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤た …

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/EDEN 〜君がいない〜

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。