個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/Life 〜遠い空の下で〜

投稿日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

同郷の友人で組んだバンドが天下を取るという、少年漫画もびっくりの熱いストーリーも『GLAY』の魅力の一つです。青春をバンドにささげたロックキッズなら誰もが夢みる妄想を現実のものにしてしまったバンドと言えるでしょう。

もちろん、その成功の裏には我々の理解を超えた数々の苦悩があったのでしょうが…。

今回は、『GLAY』の楽曲、『Life 〜遠い空の下で〜』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

『Life 〜遠い空の下で〜』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名Life 〜遠い空の下で〜
演奏時間6:53
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY & 土屋昌巳

2ndシングル『真夏の扉』のカップリング曲。

編曲には『真夏の扉』と同じく土屋昌巳が携わっています。

『Life 〜遠い空の下で〜』収録アルバム

アルバム名トラック#
SPEED POP10
rare collectives vol.1 (Disc-1)1
REVIEW II -BEST OF GLAY- (TERU盤)4

オリジナルアルバム『SPEED POP』の10曲目に収録。

※『Life 〜遠い空の下で〜』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『GLAY』には珍しく、キャッチーなメロディーの洪水というよりはバンドサウンドの織りなす雰囲気で聴かせる1曲『Life 〜遠い空の下で〜』。演奏時間も7分弱とけっこう長め。

そんな性格の作品ですので、ヒットソングから『GLAY』に入った方にはちょっと取っつきづらい楽曲かもしれません。

事実、私も本作『Life 〜遠い空の下で〜』に対する第一印象は“地味で退屈”でした。演奏時間も長いし、サビの盛り上がりもちょっとイマイチだな~って。

ただ、何度か耳にしていくとだんだん好きになってくる魅力があるのも確かなんですよね。本作『Life 〜遠い空の下で〜』独特の空虚な寂しさのようなものがなかなかクセになってきます。かつては”盛り上がりのない”と思っていたサビも、今では“落ち着きのあるサビ”なんてポジティブに捉えるようになっています 笑。

とは言え、やはり地味なことには変わりない本作『Life 〜遠い空の下で〜』。

あまり注目されることもなく歴史に埋もれていくかと思っていたのですが、2020年、まさかの『REVIEW II -BEST OF GLAY-』に収録が決定

収録を逃した有名楽曲も数多くある中、ここに来て本作『Life 〜遠い空の下で〜』がベストアルバムに採用されるとは…!

正直かなり意外でしたが、この楽曲が20年以上の時を超えて再評価されたような気がして、なんだか嬉しかったです 笑。

『Life 〜遠い空の下で〜』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】黒夢/BABY GLAMOROUS

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】hide/SCANNER

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/利己的な遺伝子

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】ZONE/恋々・・・

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/1999

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 自身主宰のLUNATIC FEST.ではベテランバンドから若手バンドまでを巻き込み、日本の …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。