個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/forbidden lover

投稿日:2017年12月31日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『forbidden lover』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

sky-on-fire

『forbidden lover』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名forbidden lover
演奏時間6:01
作詞hyde
作曲ken
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

14thシングルのタイトル曲です。

ミリオンヒットを連発していた『L’Arc〜en〜Ciel』の最盛期に発売されたシングルですが、総売上は約84万枚に落ち着き、ミリオンヒットには届きませんでした(十分すごいんですけどね)。

『forbidden lover』収録アルバム

アルバム名トラック#
ark1
The Best of L’Arc〜en〜Ciel 1998-20006

オリジナルアルバム『ark』の1曲目に収録。オリジナルアルバムの1曲目をシングル曲が飾るのは、なかなか珍しいパターンです。

※『forbidden lover』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

壮大な広がりと盛りあがりで魅せる1曲、『forbidden lover』。

この楽曲の特筆すべきポイントはやはりドラムでしょうかね。ロックバンドの楽曲でありながら、シンバル系をほとんど使わず、マーチングみたいに強弱をつけたスネアドラムでリズムを刻んでいます。

マーチングという言葉の持つ音楽的なイメージと、『L’Arc〜en〜Ciel』というバンドの持つ幻想的なイメージは合わないように思いますが、本作『forbidden lover』は全くラルクらしさを失っておらず、むしろ、”こんな手があったのか!”という発見すら感じられる名曲に仕上がっています。

本作『forbidden lover』、個人的には名曲だと思っていますし、シングルとしてかなりの売り上げを誇っているんですけど、数多くリリースされたラルクのベストアルバムにはあまり選ばれていない楽曲でもあるんですよね。

2018年はこのシングルが世に出て20年になるわけですが、ベストアルバムにあまり収録されていないという事情もあり、ここ何年も耳にしていない楽曲の一つになっているのではないでしょうか。

本記事が、久しぶりに『forbidden lover』を取り出して聴いてみようというきっかけになってくれたらうれしい限りです。

Amazonで試聴できます。

『forbidden lover』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/甘い経験

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤た …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/そのスピードで

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/ハルシオン

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/and She Said

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】GLAY/生きてく強さ

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。