個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ZONE/true blue

投稿日:2018年9月16日 更新日:

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。

途中で本当に楽器を演奏し始めたため、いわゆる”ガールズバンド”になっていったわけですが、デビュー当時の”楽器を演奏するフリをして踊る”というバンドルスタイルは後年『ゴールデンボンバー』が開拓したエアーバンドの元祖だったのでは…と、今になって思います。

今回は、『ZONE』の楽曲、『true blue』のレビューです。

※『ZONE』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ZONE

children

『true blue』の全体概要

基本情報

アーティストZONE
曲名true blue
演奏時間4:08
作詞町田紀彦
作曲町田紀彦 & 吉松隆
編曲山原一浩

『恋々・・・』と両A面の9thシングル。

設定上の鉄腕アトム誕生日を記念して放送された”アストロボーイ・鉄腕アトム”の主題歌にもなりました。

『true blue』収録アルバム

アルバム名トラック#
N9
E 〜Complete A side Singles〜 (Disc 1)9

3rdオリジナルアルバム『N』の9曲目に収録。

※『true blue』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

両A面、アニメ主題歌といった要素の貢献でしょう、本作『true blue』が収録された9thシングルは『ZONE』のシングルの中で『secret base 〜君がくれたもの〜』に次いで2番目の売り上げを誇る作品になっています。

売上的には上述の通りなのですが、知名度的には本作『true blue』より5thシングル『夢ノカケラ・・・』の方が高そうな印象を持っています。

とはいえ、私がタイアップ先のアニメを見ていなかったためにそういう印象を抱いているだけかもしれません。”鉄腕アトム”という国民的マンガを原作にしたアニメの主題歌ということで、やっぱり本作『true blue』の方が世間的には有名なのかな。

さて、本作『true blue』、「君」と「僕」の友情をテーマにした歌詞になっており、タイアップ先の鉄腕アトムを意識した内容になっていると考えてよさそうです。

そんな「君」と「僕」の立ち位置ですが、「君」をアトムと捉えても、「僕」をアトムと捉えても、どちらでも意味が通じる作りになっています。”「君」と「僕」のどちらをアトムと捉えるかはリスナーに任せます!”といった作り手の想いが背景にあるのかもしれませんね。

本作『true blue』、楽曲の方もアニメ主題歌だけあってポップで親しみやすいです。

ただ、これは裏を返せば、中毒性の無い楽曲とも表現できます。歌詞の無難さも相まって、ヘビーローテーションの候補にはなりづらいタイプの楽曲です(少なくとも私の中ではそうでした)。

一つだけおもしろいなと思ったのはサビのコード進行ですね。サビで同じメロディーを繰り返すところがあるのですが、前半と後半で少しだけ違うコード進行をしているのです。この微妙な変化の付け方は渋くてよかったです。

Amazonで試聴できます。

『true blue』収録アルバムレビューリンク

※『ZONE』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ZONE

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Time goes by

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/砂の塔

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/だからバイバイ

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/1999

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 自身主宰のLUNATIC FEST.ではベテランバンドから若手バンドまでを巻き込み、日本の …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/クラシック

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。