個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/SHUTTER SPEEDSのテーマ

投稿日:2018年2月4日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュースしたあのYOSHIKI率いる『X JAPAN』を超えたと言っても過言ではないでしょう。(もちろん、CDがたくさん売れた方が偉いとか、そういった話をつもりはないです。あくまで数字的な観点で。)

今回は、『GLAY』の楽曲、『SHUTTER SPEEDSのテーマ』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

old

『SHUTTER SPEEDSのテーマ』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名SHUTTER SPEEDSのテーマ
演奏時間3:26
作詞TAKURO
作曲JIRO
編曲GLAY& 佐久間正英

作曲は『GLAY』のメインコンポーザーTAKUROではなく、ベースのJIROが担当。

『SHUTTER SPEEDSのテーマ』収録アルバム

アルバム名トラック#
BELOVED4
DRIVE-GLAY complete BEST (DISC 1)3
THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜 (Disc 2)14

オリジナルアルバム『BELOVED』の4曲目に収録。

また、いわゆるアルバム曲ながら、いくつかのベストアルバムにも収録されており、『THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜』には再録版が収められています。

※『SHUTTER SPEEDSのテーマ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

本作『SHUTTER SPEEDSのテーマ』、『GLAY』の楽曲の中でもなかなかに特異な作品になっています。

なんといっても、冒頭Aメロ。ここ、ボーカルのTERUではなく、ベース担当のJIROが歌っているんです。

おそらく、このページを見ている方は既に『SHUTTER SPEEDSのテーマ』を聴いたことのある人が大半だと思いますが、初めて聴いたときはなかなかに衝撃的ではありませんでした?”これ歌っているの、TERUじゃないのはわかるけど…誰!?”って 笑。

そして、途中からボーカルがTERUに変わった時の安心感ったら半端ないですよね 笑。

冒頭オープニングのベースはシンプルながら覚えやすいフレーズになっています。

個人的な話で恐縮ですが、私が中学生の頃、同級生がベースをやり始めた時期に聴かせてくれたフレーズが本作『SHUTTER SPEEDSのテーマ』のイントロでした。

そんなこともあって、『SHUTTER SPEEDSのテーマ』のイントロを聴くと、少し懐かしい気持ちになってしまいます。

また、『THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜』には再録版が収録されています。

『SHUTTER SPEEDSのテーマ』はシングルカットされたわけでは無く、一般的な知名度は高いとは言えない楽曲なのですが、こうして再録されているのを見ると、ファンからの人気が高いであろうことが伺えますね。

『SHUTTER SPEEDSのテーマ』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/CALL MY NAME

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Holy ground

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ハツミ

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 とは言え、有名人が不倫 …

【個別楽曲レビュー】黒夢/後遺症 -aftereffect-

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/crying match

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。