個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/だからバイバイ

投稿日:2018年3月28日 更新日:

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。

自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動を続ける姿は、まさにロックと言えるのではないでしょうか。純粋にかっこいいと思えます。

今回は、『だからバイバイ』の個別楽曲レビューです。

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

person

『だからバイバイ』の全体概要

基本情報

アーティストゴールデンボンバー
曲名だからバイバイ
演奏時間3:27
作詞鬼龍院翔
作曲鬼龍院翔
編曲tatsuo & 鬼龍院翔

アルバム『ゴールデン・アワー〜上半期ベスト2010〜』収録曲の中で最も演奏時間の短い楽曲が本作『だからバイバイ』です。

『だからバイバイ』収録アルバム

アルバム名トラック#
ゴールデン・アワー〜上半期ベスト2010〜6

『ゴールデン・アワー〜上半期ベスト2010〜』の6曲目に収録。

※『だからバイバイ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『だからバイバイ』という曲名、「だから」という接続詞を使っている以上、「バイバイ」する理由があるわけです。そしてその理由はもちろん曲中で語られるわけであり、それが本作『だからバイバイ』のメインテーマでもあるわけです。

その理由とは、ずばり”相手が全然つれないから”ってことになります。ドタキャンを3回くらいくらったり、連絡を待っても全くこなかったり、そういった理由で「バイバイ」ということのようです。

この手の”こっちが空回り系”の歌を作ると、鬼龍院翔は上手ですよね。

“空回り”している様子が本当は悲惨なはずなのにそうは聴こえず、自虐的に笑える感じで表現してくれます。代表作の『女々しくて』もそうですが、聴いていて清々しく感じるほどです。

『だからバイバイ』が収録されているアルバム『ゴールデン・アワー〜上半期ベスト2010〜』には、こうした鬼龍院翔の自虐センスが光る楽曲が多数収録されています。

『だからバイバイ』と同じく、恋愛系自虐ソングとして『じれったい』も収録されています。切り口は微妙に違えど、どちらも空回りしている理由は似たようなものになっている上に曲調も似ているので、最初はどっちがどっちか区別がつかなかったです 笑。

今となっては『だからバイバイ』も『じれったい』も、どっちも好きなんですけどね 笑。

Amazonで試聴できます。

『だからバイバイ』収録アルバムレビューリンク

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/Junky Walker

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …

【個別楽曲レビュー】hide/BREEDING

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/SEPTEMBER RAIN

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 元々3人組のバンド …

【個別楽曲レビュー】GLAY/ビリビリクラッシュメン

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/ポケビのうた

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。