個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/LORELEY

投稿日:2017年8月11日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『LORELEY』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

rhine

『LORELEY』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名LORELEY
演奏時間5:58
作詞hyde
作曲hyde
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

演奏時間は6分近くあり、アルバム『HEART』収録曲の中では最長です。

『LORELEY』収録アルバム

アルバム名トラック#
HEART1
TWENITY (1997-1999)3

初出はオリジナルアルバム『HEART』。

非シングル曲ながら、ベストアルバム『TWENITY』にも収録されています。

※『LORELEY』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

曲名の『LORELEY』はドイツのライン川沿いにある大岩、”ローレライ”を指しているものと思われます。この辺りでは、歌で人を惑わせるという水の妖精が出てくる“ローレライ伝説”なるものがあります。

この話が本作の歌詞の元になっていそうです。

ローレライ伝説に関する詳細はWikipediaを参照ください。ローレライ/Wikipedia

上記の通りドイツの伝説を元にしているためか、ヘビーかつ壮大な仕上がりになっています。

大陸ヨーロッパが持つ自然のスケールの大きさを表現しているんでしょうね。途切れ途切れに鳴る高音のピアノは、ライン川上を行く船を漕ぐオールの動きのようにも思えます。

それから、とても歌メロがメロディアスです。”Aメロ、A’メロ、Bメロ、サビ、大サビ”でワンコーラスですが、どのブロックもメロディーの上がり下がりが激しい。

これをキレイに歌いきるのは相当な歌唱力が必要でしょう。

私は大サビの最後のメロディーがお気に入りです。

このメロディーだけで“曇天の中にひっそりとたたずむ森”がなぜだか浮かんできます。和音や楽器の音色じゃなくて、メロディーだけで景色を描くってすごいです。

偶然にも、私の頭の中の記憶と『LORELEY』のメロディーが化学反応を起こしただけかもしれませんが。

Amazonで試聴できます。

『LORELEY』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/SUCK OF LIFE

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】PEDRO/ゴミ屑ロンリネス

“楽器を持たないパンクバンド”がキャッチコピーのアイドルグループ『BiSH』。そのメンバーの一人であるアユニ・Dのソロプロジェクトが『PEDRO』です。 アイドルのソロとしては …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/ベニクラゲ

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/夢みたあとで

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/夜汽車

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。