アルバムレビュー

【アルバムレビュー】L’Arc〜en〜Ciel/HEART

投稿日:2017年8月10日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は、『L’Arc〜en〜Ciel』のオリジナルアルバム『HEART』のレビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

candy

『HEART』の全体概要

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
アルバム名HEART
発売日1998/2/25
収録曲数10
演奏時間48:44

『L’Arc〜en〜Ciel』メジャーデビュー後4作目のオリジナルアルバム『HEART』。

約155万枚を売り上げたモンスターアルバムです。この数字は九州最大の都市である福岡市の人口に匹敵します。

演奏時間はトータルで48:44です。東海道線で、東京・藤沢間くらいの時間です。

このアルバムを聴きながら、大都会の中心から湘南の町へ行けるわけですね。

レビュー

『HEART』の収録曲別お気に入り度

各収録曲のお気に入り度はこんな感じです。

#曲名お気に入り度
1LORELEY★★★★★5
2winter fall★★★★☆4
3Singin’ in the Rain★★★★☆4
4Shout at the Devil★★★★★5
5虹 (Album Version)★★★★★5
6birth!★★★★★5
7Promised land★★★★★5
8fate★★★★★5
9milky way★★★★☆4
10あなた★★★★☆4

さすが『L’Arc〜en〜Ciel』、捨て曲は一切なしのオリジナルアルバムです。

特に中盤は私好みの曲が連続していて、テンション上がります!

※『HEART』収録曲ごとの個別楽曲レビューもしています。こちらからどうぞ。

『HEART』全体の感想

『L’Arc〜en〜Ciel』のオリジナルアルバムは、インディーズの『DUNE』から、メジャーデビュー後8作目の『SMILE』までは聴いています。

そんな中で、最も第一印象が良かったのが本作『HEART』でした。

単純に、どの曲も聴きやすかったからです。耳を引き付けるイントロ、覚えやすいサビ、本作『HEART』収録曲はいずれもこういった要素を兼ね備えています。

なので、”ラルクに興味あってベストは一通り聴いてみたんだけど、オリジナルアルバムはどれがおススメ?”と聞かれたら、私なら本作『HEART』に一票って感じです。

すごく聴きやすく、初めて聴いたときから今に至るまで、評価の変わらないアルバム。これ、逆に言えば、”聴けば聴くほど良くなる”というスルメ的な要素が無いアルバムとも受け取れます。

でも、初めて聴いたときから良くて、今もなお飽きが来ないってシンプルに完成度が高いって意味だと思います。

難しいこと考えず、デキの良い曲を並べておくとすごいアルバムができちゃう。

当たり前なんですけど、『HEART』を聴いていると、そんなことに気づかされますね。

Amazonで試聴できます。

『HEART』収録曲の個別楽曲レビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-アルバムレビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】GLAY/SPEED POP

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 同郷の友人で組んだバンドが天下を取るという、少年漫画もびっくりの熱いストーリーも『GLAY』の魅力の一つです。青春を …

【アルバムレビュー】GLAY/pure soul

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【アルバムレビュー】PIERROT/PRIVATE ENEMY

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【アルバムレビュー】X JAPAN/Jealousy

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【アルバムレビュー】PIERROT/CELLULOID

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。