個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/bye-bye 999

投稿日:2017年8月9日 更新日:

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』

注目のされ方はバンドとしては不本意だったと思いますが、当バンドの楽曲はおしゃれなサウンドに乗せたラップとキャッチーなサビが魅力です。

今回は、彼らのメジャー1stアルバムとしてリリースされた『魅力がすごいよ』の11曲目、『bye-bye 999』のレビューです。

※『ゲスの極み乙女。』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゲスの極み乙女。

chart

『bye-bye 999』の全体概要

基本情報

アーティストゲスの極み乙女。
曲名bye-bye 999
演奏時間6:09
作詞川谷絵音
作曲川谷絵音
編曲?

演奏時間6分越えと、アルバム『魅力がすごいよ』の中では最も演奏時間の長い曲になります。

『bye-bye 999』収録アルバム

アルバム名トラック#
魅力がすごいよ11

『ゲスの極み乙女。』メジャー1stアルバム『魅力がすごいよ』の11曲目に収録。本作がアルバム『魅力がすごいよ』の最終トラックです。

※『bye-bye 999』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

スローテンポでアコースティックな1曲、『bye-bye 999』。『ゲスの極み乙女。』にしては珍しいタイプの曲調です。

メジャー1stアルバム『魅力がすごいよ』の最終トラック収録で、この手の曲をアルバムの最後に配置するっていうのは、けっこう王道な手法という印象。

なにかと奇をてらっているイメージのある『ゲスの極み乙女。』ですから、スローテンポでアコースティックな曲をアルバムの最後に配置するっていうことに対しては”ここは王道なのね”という感想を抱きました。

曲自体は”語り”パート多めな構成です。いや、”多め”というより、語り”メイン”と言っても過言ではないですね。”あれ、私、間違えて朗読のデータでも買って取り込んだか?”って思うくらい。

“語り”がちょっと苦手な私からすると、本作『bye-bye 999』はアルバムの最後に踏み絵を試されている気分でした…。

いや、『ゲスの極み乙女。』の音楽自体は好きなんですよ。素直にかっこいいって思える曲もけっこうありますし。アルバム『魅力がすごいよ』で言えば、『ラスカ』はお気に入り!

ただ、どうしても”語り”はいただけない…。このまま行くと、『ゲスの極み乙女。』はアルバムで聴くより、気に入った曲をつまみ食いする感じになりそうだな。。。

“語り”が受け入れられる人、もしくは”語り”に魅力を見いだせる人なら、『ゲスの極み乙女。』の音楽をもっと楽しめるんでしょうね。

Amazonで試聴できます。

『bye-bye 999』収録アルバムレビューリンク

※『ゲスの極み乙女。』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゲスの極み乙女。

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】B’z/だったらあげちゃえよ

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録を保持している『B’z』ですが …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/IN MY DREAM (WITH SHIVER)

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …

【個別楽曲レビュー】hide/Beauty & Stupid

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/IN SILENCE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/ミス・パラレルワールド

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。