個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/VAMPIRE’S TALK

投稿日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

復活後も定期的に新作をリリースして楽しませてくれるのみならず、ライブでは最新の技術によって生まれ変わった過去の名曲を余すことなく披露してくれます。止まることなく進化し続けるこのバンドを見逃すわけにはいきませんね。

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『VAMPIRE’S TALK』のレビューです。

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

『VAMPIRE’S TALK』の全体概要

基本情報

アーティストLUNA SEA
曲名VAMPIRE’S TALK
演奏時間6:16
作詞RYUICHI
作曲INORAN
編曲LUNA SEA

『VAMPIRE’S TALK』収録アルバム

アルバム名トラック#
IMAGE8

オリジナルアルバム『IMAGE』の8曲目に収録。

※『VAMPIRE’S TALK』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

本作『VAMPIRE’S TALK』の聴きどころと言えば、やはり輪唱ギターですよね。

…輪唱ギター、私が勝手に名付けましたが、『かえるの合唱』のギター版みたいなやつだと思っていただければいいかと。

つまるところ、この楽曲ではギターで『かえるの合唱』みたいなことをやっているのです。もう少し具体的に言えば、右チャンネルで流れるギターを2拍(0.5小節)後ろにズラし、同じ音量で左チャンネルでも流すという、変態じみたことをやっています(褒め言葉)。

ボンヤリ聴き流していたときは気付けませんでしたが、”あれ?左右で同じことを時間差でやってる?”と気付いたときはけっこう感動しましたよ。

しかもこの輪唱ギター、曲の一部ではなく全編にわたってこの奏法で通しているのです。ボーカルを引き立てるバックサウンド役も、ギターソロで主役になるときも、至る所で様々な表情の輪唱ギターを聴くことができます。これを実現する裏ではものすごい計算と試行錯誤があったんだろうなと勝手に想像してしまいます 笑。

本作『VAMPIRE’S TALK』、まさに左右ギターによる会話(TALK)が繰り広げられた楽曲だと言っても過言ではないでしょう(うまいこと言ったつもり)。

以下、本作『VAMPIRE’S TALK』を収録したアルバム『IMAGE』のAmazonリンクです。『IMAGE』のジャケットは特別過激というわけではありませんが、厳しめに見るとGoogle先生に怒られる可能性があるので、文字リンクの配置とさせてください。

IMAGE (Amazonリンク)

『VAMPIRE’S TALK』収録アルバムレビューリンク

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Mysterious Eyes

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】黒夢/SICK

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/不謹慎な恋

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/また君に番号を聞けなかった

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Maybe We Could Go Back To Then

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 元々3人組のバンド …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。