アルバムレビュー

【アルバムレビュー】LUNA SEA/IMAGE

投稿日:2019年11月30日 更新日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

復活後も定期的に新作をリリースして楽しませてくれるのみならず、ライブでは最新の技術によって生まれ変わった過去の名曲を余すことなく披露してくれます。止まることなく進化し続けるこのバンドを見逃すわけにはいきませんね。

今回は、『LUNA SEA』のアルバム、『IMAGE』のレビューです。

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

『IMAGE』の全体概要

アーティストLUNA SEA
アルバム名IMAGE
発売日1992/5/21
収録曲数12
演奏時間54:49

メジャー1stアルバム。

演奏時間はトータル54:49。横須賀線で東京・大船間とだいたい同じくらいの時間です。

レビュー

『IMAGE』の収録曲別お気に入り度

各収録曲のお気に入り度はこんな感じです。

#曲名お気に入り度
1CALL FOR LOVE★★★☆☆3
2Déjàvu★★★★★5
3MECHANICAL DANCE★★★★☆4
4WALL★★★☆☆3
5Image★★★★☆4
6SEARCH FOR REASON★★★☆☆3
7IMITATION★★★★☆4
8VAMPIRE’S TALK★★★★☆4
9SYMPTOM★★★★☆4
10IN MIND★★★☆☆3
11MOON★★★★☆4
12WISH★★★★★5

結局、定番の#2 『Déjàvu』と#12 『WISH』が好きです。

邦楽には珍しい、シングル楽曲の収録されていないオリジナルアルバム

※『IMAGE』収録曲ごとの個別楽曲レビューもしています。こちらからどうぞ。

『IMAGE』全体の感想

『LUNA SEA』のメジャー1stアルバムが本作『IMAGE』。インディーズアルバム『LUNA SEA』(バンド名と同名のアルバム)から数えると2作目のオリジナルアルバムにあたります。

本作『IMAGE』、前作の『LUNA SEA』と比較すると荒々しさは少々控えめになっている一方、バンドサウンドが織りなすリズムとハーモニーの響きにより一層磨きのかかった作品となっています。

インディーズアルバムの『LUNA SEA』だけを聴くと、ヴィジュアル系と呼ばれる奇抜な見た目通りの乱暴さが魅力のように思えますが、本作『IMAGE』を併せて聴いてみると、見た目の印象とは異なる丁寧で繊細なバンドサウンドがこのバンドの核になっていることに気付けるでしょう。

もちろん、メジャーデビューして面白みのない優等生になってしまったわけではありません。#3 『MECHANICAL DANCE』や#9『SYMPTOM』といった狂気サイドの楽曲もしっかり用意されています。

特に#9『SYMPTOM』は『LUNA SEA』史上1位、2位を争うくらいイカれた楽曲です 笑。

繊細さ狂気を兼ね備えた本作『IMAGE』、他の作品では味わえない独特な聴き心地がクセになる1枚です。

以下、『IMAGE』のAmazonリンクです。『IMAGE』のジャケットは特別過激というわけではありませんが、厳しめに見るとGoogle先生に怒られる可能性があるので、文字リンクの配置とさせてください。

IMAGE (Amazonリンク)

『IMAGE』収録曲の個別楽曲レビューリンク

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

-アルバムレビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】Every Little Thing/Time to Destination

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/FOUR SEASONS

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新 …

【アルバムレビュー】JUDY AND MARY/COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【アルバムレビュー】B’z/B’z The Best “Pleasure”

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【アルバムレビュー】GLAY/SPEED POP

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 同郷の友人で組んだバンドが天下を取るという、少年漫画もびっくりの熱いストーリーも『GLAY』の魅力の一つです。青春を …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。