アルバムレビュー

【アルバムレビュー】X JAPAN/Jealousy

投稿日:2018年9月28日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

再結成後もレジェンドとしての貫禄を見せつけ続けてほしいですね。

今回は、『X JAPAN』のオリジナルアルバム、『Jealousy』のレビューです。

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

fantasy

『Jealousy』の全体概要

アーティストX JAPAN
アルバム名Jealousy
発売日1991/7/1
収録曲数10
演奏時間50:17

『X JAPAN』のメジャーデビュー後2ndアルバム。正確には、『Jealousy』リリース当時はまだバンド名が『X』でした。

本作『Jealousy』は売上枚数が約111万枚を突破しており、『X JAPAN』唯一のミリオンヒット作品となっています。

演奏時間は50:17。京浜東北線で、東京・根岸間くらいの時間です。

レビュー

『Jealousy』の収録曲別お気に入り度

各収録曲のお気に入り度はこんな感じです。

#曲名お気に入り度
1Es Durのピアノ線★★★★☆4
2Silent Jealousy★★★★★5
3Miscast★★★★☆4
4Desperate Angel★★★★☆4
5White Wind From Mr.Martin ~Pata’s Nap~★★★☆☆3
6Voiceless Screaming★★★☆☆3
7Stab Me In The Back★★★★★5
8Love Replica★★★★☆4
9Joker★★★★☆4
10Say Anything★★★★★5

10曲中3曲(#1、#5、#8)がインスト曲。

とにかく#2 『Silent Jealousy』が際立って名曲。#7 『Stab Me In The Back』のハチャメチャなスピード感も素敵。

※『Jealousy』収録曲ごとの個別楽曲レビューもしています。こちらからどうぞ。

『Jealousy』全体の感想

『X JAPAN』と言えば、リーダーであるYOSHIKIがメインコンポーザーとして有名ですよね。『紅』や『Forever Love』等、テレビでよく流れる『X JAPAN』の楽曲はだいたいYOSHIKIが作詞作曲したものです。

ただ、他のメンバーが全く楽曲制作に携わっていないかというと、決してそうではありません。

特に本作『Jealousy』はYOSHIKI以外のメンバーによる作品が多数収録されています。曲数で言えば、全10曲中6曲、実に半分以上がYOSHIKI以外のメンバーによる作品なのです。

『X JAPAN』の各メンバーが持ち寄った様々な楽曲が収録されているということ、これこそが本アルバム『Jealousy』の個性と言えるでしょう。

YOSHIKI以外のメンバーで言うと、今は亡きHIDEやTAIJIによる作品が多い印象ですね。#9 『Joker』はHIDE作詞作曲の楽曲で、後にシングルカットされましたが、YOSHIKI以外が作曲した作品としては初めて『X JAPAN』のシングルになった作品です。

そんな形でメンバーが活躍する中、本命(?)のYOSHIKIも全く負けていません!

なんとあの名作『Silent Jealousy』の初収録アルバムが本作『Jealousy』なのです!『Silent Jealousy』、この1曲を生み出すために体力を消耗してしまって、他に楽曲を作り出す余力がなかったと言われても納得してしまうほどの名曲です。

アルバムのタイトルからしても、『Silent Jealousy』がこのアルバムの目玉作品として用意されたことは間違いないでしょう。

…まぁ、『Silent Jealousy』単品が目当てであれば、オリジナルアルバム『Jealousy』ではなくて他のベストアルバムを選択するというのも無難な手なんですけどね。。。

本アルバム『Jealousy』の魅力は、やはり上述の通り、YOSHIKI以外の各メンバーが個性的な楽曲をたくさん用意してくれているところです。テレビには映らない、非YOSHIKI作品側の『X JAPAN』を楽しんでみてください。

Amazonで試聴できます。

『Jealousy』収録曲の個別楽曲レビューリンク

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

-アルバムレビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】チャットモンチー/チャットモンチー BEST〜2005-2011〜

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【アルバムレビュー】Every Little Thing/Every Best Single +3

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【アルバムレビュー】GLAY/pure soul

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【アルバムレビュー】PIERROT/FINALE

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【アルバムレビュー】GARNET CROW/first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。