個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Desperate Angel

投稿日:2018年10月1日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

再結成後もレジェンドとしての貫禄を見せつけ続けてほしいですね。

今回は、『X JAPAN』の楽曲、『Desperate Angel』のレビューです。

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

el-salvador

『Desperate Angel』の全体概要

基本情報

アーティストX JAPAN
曲名Desperate Angel
演奏時間5:53
作詞TOSHI
作曲TAIJI
編曲X

ToshlとTAIJIによる作品。

『Desperate Angel』収録アルバム

アルバム名トラック#
Jealousy4
B.O.X 〜Best of X〜 (Disc 1 Best of X)2

メジャー2ndオリジナルアルバム『Jealousy』の4曲目に収録。

※『Desperate Angel』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

Toshl作詞、TAIJI作曲の作品『Desperate Angel』。

本作『Desperate Angel』が収録されているアルバム『Jealousy』の#6 『Voiceless Screaming』もこの組み合わせの作詞作曲です。インディーズアルバム『Vanishing Vision』の#3 『PHANTOM OF GUILT』でも見られたコンビですので、珍しいように思えてそこそこな頻度で曲作りをしていたのかもしれません。

本作『Desperate Angel』、”自暴自棄の天使”なんていう重たい曲名が付いていますが、楽曲自体はかなりキャッチー

特にサビのキャッチーさはアルバム『Jealousy』の中でも1位2位を争うほどではないでしょうか。サビの歌と歌の合間に聴こえるデンデデデデーン×2というギターリフが、Xらしく無いくらいキャッチーなのですが、それがまた印象的です。

印象的と言えば、歌メロの譜割の細かさによる早口なボーカルもそうですよね。

Xのハイスピード楽曲って、楽器隊はかなりスピードを求められる演奏なのですが、歌メロの譜割はそこまで細かくありません。ピッチはめちゃめちゃ高いですけど 笑。

そんな早口ボーカルの『Desperate Angel』、特にAメロBメロの早口っぷりは『X JAPAN』の楽曲の中でも随一でしょう。英語詞ということもあって、正直何言ってるかわかんないです 笑。

カラオケで自ら歌おうものなら相当な練習を覚悟しておく必要がありそうです。

Amazonで試聴できます。

『Desperate Angel』収録アルバムレビューリンク

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Song for Night Snails

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/FRIEDCHICKEN & BEER

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/見てないようで見てる

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/テレ東

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】hide/PSYCHOMMUNITY EXIT

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。