個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/SEE YOU

投稿日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカルの清春とベースの人時の二人で活動していくことになります。2010年の復活後もその体制は変わっていません。

今回は、『黒夢』の楽曲、『SEE YOU』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

『SEE YOU』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名SEE YOU
演奏時間4:59
作詞清春
作曲人時
編曲黒夢

メジャー6thシングル。

シングル楽曲でありながら人時が作曲を担当しているめずらしい作品。

『SEE YOU』収録アルバム

アルバム名トラック#
FAKE STAR〜I’M JUST A JAPANESE FAKE ROCKER〜6
EMI 1994〜1998 BEST OR WORST 【SOFT DISK】10
黒夢シングルズ6
黒夢コンプリート・シングルズ (A-disc)6

オリジナルアルバム『FAKE STAR〜I’M JUST A JAPANESE FAKE ROCKER〜』の6曲目に”FAKE STAR VERSION”にて収録。

※『SEE YOU』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

イントロやサビで何度も登場するギターリフが印象的な1曲、『SEE YOU』。

『黒夢』のポップ路線期シングルだけあって、本作『SEE YOU』のギターリフもとても聴きやすいものになっていますね。インディーズ時代のような刺々しさはなく、誰が聴いても拒否反応を起こさない大衆向けの仕上がりになっていると思います。

ポップと言えば、本作『SEE YOU』は歌詞の内容もかなりポップ寄りになっていますね。

テーマは「卒業」でしょうか。『黒夢』というバンド名からは想像もつかないほど青春の香りがするテーマです。

ただ、”恋人との別れを「卒業」と比喩している”のか、それとも”学校からの「卒業」をきっかけに別れていく二人”を歌っているのか、その辺はちょっと読み取れませんでした。

『黒夢』が「卒業」という学校のイベントを歌う姿が想像つかないので(笑)、”恋人との別れを「卒業」と比喩している”と考える方が自然ですかね。

しかし、そうだとすると、ストーリー上大切な”別れる理由”があまりにも描かれていないんです。なぜにこの二人は別れるんでしょう?という疑問が残るのです。

一方、”学校からの「卒業」をきっかけに別れていく二人”であれば、別れる理由はまだわかりやすいですよね。これであれば”「卒業」後の進路の問題で別れを選ばざるを得ない状況だったのかな”なんて想像することができます。

やはり、こっちの見方がしっくりくるかな…。

…繰り返しになりますが、この説の場合、『黒夢』が学校のイベントをテーマにしているというものすごいカジュアルさに違和感が残るんですけどもね 笑。

Amazonで試聴できます。

『SEE YOU』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】黒夢/COWBOY

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …

【個別楽曲レビュー】hide/MISERY

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/†ザ・V系っぽい曲†

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Future World

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/審美眼ブギ

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。 一度 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。