個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】hide/ever free

投稿日:2017年10月11日 更新日:

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。

カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして若くして迎えてしまった死…。

『hide』を聴いたことがある人なら、おそらく誰しも思ったんじゃないでしょうか、”今も生きてたら、どんなことして楽しませてくれてたんだろう”って。

今回は、『ever free』のレビューです。

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

landscape

『ever free』の全体概要

基本情報

アーティストhide with Spread Beaver
曲名ever free
演奏時間3:37
作詞hide
作曲hide
編曲hide

10thシングルの表題曲。『hide with Spread Beaver』名義としては3rdシングルに当たります。

『ever free』収録アルバム

アルバム名トラック#
Ja,Zoo7
hide BEST 〜PSYCHOMMUNITY〜13
hide SINGLES 〜Junk Story〜11
We Love hide 〜The Best in The World〜 (DISC 1)5

オリジナルアルバムでは『Ja,Zoo』に収録。

※『ever free』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

カチッとしたまとまりのある、ポップなロックソング、『ever free』。

この聴き心地、他のバンドに例えようと思ったんですが、難しいですね。

『ever free』みたいなポップなロックって、ありそうでないんですよね(私の音楽ボキャブラリーが少ないだけかもしれませんが)。んー…時代は下りますが、『B’z』の『愛のバクダン』辺りが近いイメージかなぁ。

『hide』の過去の楽曲で言うなら、『Hi-Ho』のような能天気でポジティブな雰囲気を『ROCKET DIVE』のような厚みのある音で取り囲んでいる、そんな感じです。

『hide』の陽の部分にスポットライトを当てた1曲と言えそうですね。

ソロ初期の『EYES LOVE YOU』や『DICE』に比べると、『X JAPAN』譲りの毒々しさがほとんど抜けていて、バンドとソロは完全に別物になっている気がします。例えば、『X JAPAN』が苦手で、そのイメージのまま『hide』も聴かず嫌いになっているなら、本作『ever free』から入ってみるといいかもしれません。

『ever free』収録アルバムレビューリンク

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/男心と秋の空

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/ジェット・ラグ

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 影ながら活動を応援していましたが、2017年11月にとうとうメジャーデビューを果 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/紫の空

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …

【個別楽曲レビュー】GLAY/YOU MAY DREAM

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/G.

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 自身主宰のLUNATIC FEST.ではベテランバンドから若手バンドまでを巻き込み、日本の …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。