個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/あしたのショー

投稿日:2018年3月30日 更新日:

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。

自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動を続ける姿は、まさにロックと言えるのではないでしょうか。純粋にかっこいいと思えます。

今回は、『あしたのショー』の個別楽曲レビューです。

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

boxer

『あしたのショー』の全体概要

基本情報

アーティストゴールデンボンバー
曲名あしたのショー
演奏時間4:57
作詞鬼龍院翔
作曲鬼龍院翔
編曲tatsuo & 鬼龍院翔

『あしたのショー』収録アルバム

アルバム名トラック#
ゴールデン・アワー〜上半期ベスト2010〜7

『ゴールデン・アワー〜上半期ベスト2010〜』の7曲目に収録。

本作『あしたのショー』が『ゴールデン・アワー〜上半期ベスト2010〜』の最終トラックです(初回限定盤は次曲『女人气 -「女々しくて」広東風バージョン-』が最終トラック)。

※『あしたのショー』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『あしたのショー』という曲名が秀逸ですよね。もちろん、元ネタはボクシング漫画の金字塔、”あしたのジョー”でしょう。

漫画の”あしたのジョー”というタイトルは、主人公の”矢吹丈(やぶきじょう)”の名前が由来になっています。一方、本作『あしたのショー』は『ゴールデンボンバー』のリーダーでありメインソングライターである”鬼龍院翔(きりゅういんしょう)”から来ていると考えて、間違いないでしょう。

自らの名前を付けた楽曲を自ら作詞作曲し、自ら歌う…。非常に個人的な想いの詰まった楽曲なのであろうことが伝わってきますね 笑。

それから、これは的外れな考えかもしれませんが、鬼龍院翔の”翔”以外にも、”show”という意味も曲名に込められているのかな、なんて思います。『QUEEN』の『SHOW MUST GO ON』みたいに、”show”と”人生”をかけているような気がしたんですね。”明日もshowを演じていかなきゃね”という意味で、『あしたのショー』。

人生に対して”前向きな気持ち”と”後ろ向きな気持ち”の二つが入り混じったような楽曲ですので、”明日もshowを演じていかなきゃね”という感覚は割と遠からずな気がするのです。

そんなわけで、アルバム『ゴールデン・アワー〜上半期ベスト2010〜』の最終トラックである『あしたのショー』。アルバムのラストを飾るに相応しい1曲です。

Amazonで試聴できます。

『あしたのショー』収録アルバムレビューリンク

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/Deja-vu

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …

【個別楽曲レビュー】B’z/RUN

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/小学館

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/二人のロケット

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/パール

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。