個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/VERMILION HANDS

投稿日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。

一度の解散を経て今では”生涯解散することはない”と宣言していますが、この絶妙なバランスを保ったまま長く続いていく奇跡を信じています。

今回は、アルバム『EXPERIENCE MOVIE』の5曲目、『VERMILION HANDS』のレビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

『VERMILION HANDS』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名VERMILION HANDS
演奏時間3:33
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『VERMILION HANDS』収録アルバム

アルバム名トラック#
EXPERIENCE MOVIE5

オリジナルアルバム『EXPERIENCE MOVIE』の5曲目に収録。

※『VERMILION HANDS』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

“恋人に爪を切られる”ことをテーマにした1曲『VERMILION HANDS』。

古今東西様々なテーマの楽曲が作られてきたと思いますが、”恋人に爪を切られる”ことをテーマにした楽曲は本作『VERMILION HANDS』くらいではないでしょうか。

“恋人に爪を切られる”というテーマだけ聞くと、”ほのぼのとした日常の幸せ”を想像しそうですが、本作『VERMILION HANDS』で歌われているのは全くの逆

なんと、この楽曲では“恋人に爪を切られることへの不満”を歌っているのです。

というのも、どうも爪を切ってくる恋人が「不器用」ならしいです。それがとても不満だと。

歌詞中に具体的な描写はありませんが、「不器用」ゆえに爪だけでなく指まで(事故で)切られてしまっているのでは…と想像します。

本作『VERMILION HANDS(朱色の手)』という曲名も、爪のついでに指まで切られて出血した手のことを指しているのではないでしょうか。…怖っ!

Amazonで試聴できます。

『VERMILION HANDS』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/AGITATOR

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Fighting Spirit

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Rescue me

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。 2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/MOON

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 復活後も定期的に新作をリリースして楽しませてくれるのみならず、ライブでは最新の技術によって …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/男心と秋の空

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。