個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Hometown

投稿日:2018年11月2日 更新日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダンスっぽいサウンドを見事に融合させた、ザ・J-POPでした。

そんなELTの全盛期を支えた五十嵐充は2000年に脱退。それ以降、ボーカルの持田香織とギターの伊藤一郎の二人による男女ユニット形式になり、現在に至ります。

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『Hometown』のレビューです。

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

vw-bus

『Hometown』の全体概要

基本情報

アーティストEvery Little Thing
曲名Hometown
演奏時間4:32
作詞五十嵐充
作曲五十嵐充
編曲五十嵐充

『Hometown』収録アルバム

アルバム名トラック#
Time to Destination7

2ndアルバム『Time to Destination』の7曲目に収録。

※『Hometown』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『Hometown』…本作の曲名に使われている単語ですが、非常にノスタルジックな響きを持つ言葉ですよね。こういった感情は音楽のテーマにしやすいのか、”Hometown(故郷)”と”ノスタルジー”を歌った楽曲はたくさんあります。

さて、本作『Hometown』も曲名通り”故郷”のことを歌った楽曲ではあるのですが、”ノスタルジー”を誘うタイプの内容にはなっていません。これから故郷を旅立つ、そんなシーンを歌った楽曲で、むしろ未来を見据えた内容になっています。『Hometown』という言葉から連想する一般的な楽曲のイメージとはちょっと異なりますが、『Hometown』という曲名となんら矛盾する内容ではありません。

本作『Hometown』で歌われている故郷を旅立つタイミングは”高校卒業”くらいでしょうかね。”高校”という言葉は出てきませんが、「私服に着がえて」とか「グラウンド後にして」等といった表現から連想されるのは、やはり”高校”が妥当かと。

“高校”と言えば、本作『Hometown』が収録されているアルバム『Time to Destination』の#5 『モノクローム』が思い浮かびますね。こちらではずばり「High School Days」というフレーズが出てきています。

学生バンドでもないのに、1枚のアルバムに”高校”を連想させる楽曲が2曲もあるというのは、なんとも珍しい気もします。

“時間”に着目した『Time to Destination』というアルバム故に、人生の中の”学生時代”に言及せずにはいられなかった…といったところでしょうか。

Amazonで試聴できます。

『Hometown』収録アルバムレビューリンク

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】B’z/ALONE

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Round and Round

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 元々3人組のバンド …

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/ILLUMINATI

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/Last Love Letter

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】黒夢/KNEES TO BREAK

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。