個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/a silent letter

投稿日:2018年10月25日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『a silent letter』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

girl

『a silent letter』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名a silent letter
演奏時間6:39
作詞hyde
作曲ken
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

アルバム『REAL』収録曲の中で最も演奏時間の長い作品です。

『a silent letter』収録アルバム

アルバム名トラック#
REAL10

オリジナルアルバム『REAL』の10曲目に収録。

※『a silent letter』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

演奏時間6分半を超える壮大な1曲、『a silent letter』。

アルバム『REAL』収録曲の中では同じくスローテンポな『finale』に近いタイプの曲かと思いますが、聴き心地は本作『a silent letter』の方がマニアックな感じがします。

『a silent letter』のマニアックさというのは、それはもうこの楽曲の独特な盛り上がり方、それに尽きるでしょう。

比較に挙げた『finale』ですが、こちらは映画の主題歌にもなったミリオンヒットシングルですので、やはりサビはわかりやすいです。メロディーからしてキャッチーで、誰が聴いてもサビの箇所を間違えようがありません。

盛り上がるポイントがわかりやすく作られていると言い換えてもいいかもしれませんね。

一方、本作『a silent letter』はサビでわかりやすく盛り上がるタイプではありません。何せサビのメロディーが非常に独特で、『finale』のようにキャッチーなメロディーで気持ちよくなれるという感じではないんですね。

どちらかと言うと、本作『a silent letter』は楽曲の展開に沿って楽器隊とともに徐々に盛り上がっていく、その過程を楽しむ作品です。玄人向けの作品と言って間違いないと思います。

ところで、本作『a silent letter』のギターコードの弾き方が懐かしい感じがします。

普通、コードを弾くときって”ジャラーン”と振り下ろすので、太い弦から細い弦へと、つまり、低い音から高い音へと移り変わるんです。しかし、本作『a silent letter』ではその逆、振り上げるという言い方が正しいかわかりませんが、細い弦(高い音)から太い弦(低い音)へ移り変わるようなコードの弾き方をしている箇所がところどころあります。

“ジャラーン”ではなく、”テロロン”って感じといえば伝わるでしょうか(伝わらない)。

この弾き方、インディーズアルバムの『DUNE』とか、メジャー1stアルバムの『Tierra』で使われていたような印象があるんですよね。精密に調べたわけではなく印象で書いているので間違っているかもしれませんが、確か、”テロロン”と弾くギターの曲がこの頃の作品であったと思うんです。

そんなわけで、本作『a silent letter』、マニアックな作りながらも、ちょっと懐かし感じがする楽曲です。

Amazonで試聴できます。

『a silent letter』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Subjective Late Show

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/ムーンライト銀河

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Lovers change fighters, cool

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュー …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/冷たい花

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/(When) Will It Rain (Instrumental)

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。