個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/KNEES TO BREAK

投稿日:2018年11月23日 更新日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで括ることはなかなかに難しいバンドです。

今回は、『黒夢』の楽曲、『KNEES TO BREAK』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

jeans

『KNEES TO BREAK』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名KNEES TO BREAK
演奏時間2:32
作詞清春
作曲人時
編曲黒夢

『KNEES TO BREAK』収録アルバム

アルバム名トラック#
CORKSCREW13

メジャー6thアルバム『CORKSCREW』の13曲目に収録。

※『KNEES TO BREAK』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

パンクな楽曲が多数収録されたアルバム『CORKSCREW』において、#7 『TELL』と同じく数少ないミディアムテンポに仕上げられた楽曲『KNEES TO BREAK』。

ミディアムテンポとは言え、演奏時間は2分半程度という短さ。

13曲目(アルバム『CORKSCREW』の最終トラック一つ前)で長尺でミディアムテンポな楽曲が登場してしまうと、アルバムの勢いが削がれてしまう恐れがありますからね。

サクッと終わるミディアムテンポな『KNEES TO BREAK』を最終トラック直前に配置することで、一度膝を折り曲げ、最後に大きくジャンプするためのパワーを溜めているような感じがします。

本作『KNEES TO BREAK』、歌詞の内容は相変わらず攻撃的です。

今回の攻撃対象は“スキャンダルを追いかけるパパラッチ”でしょうかね。歌い出しにて早速「YELLOW PAPER」と歌っていることからも、間違いないかと思います。

ちなみに、今回この楽曲の記事を書くにあたり、本作『KNEES TO BREAK』の歌詞検索をしてみて初めて歌い出しが「YELLOW PAPER」だということを知りました。ずっと“野郎ベイベー”と聴こえていたんですよね 笑。

「YELLOW PAPER」と歌っていることを理解した上で再度聴いてみましたが、「PAPER」部分が”ベイベー”と聴こえていたのは私の耳が悪かったなと思います。しっかり「P」の破裂音が聴こえますもんね。「PAPER」と聴こえるかは多少怪しい部分はありますが、”ベイベー”はさすがに無いです。

…しかし、「YELLOW」のところは…やっぱり“野郎”と歌ってませんか!? 笑。

Amazonで試聴できます。

『KNEES TO BREAK』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/星降る夜に花束を

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ハルカ…

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/広がる世界

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/IN MIND

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 復活後も定期的に新作をリリースして楽しませてくれるのみならず、ライブでは最新の技術によって …

【個別楽曲レビュー】B’z/TIME

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。