個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/TELL

投稿日:2018年11月14日 更新日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで括ることはなかなかに難しいバンドです。

今回は、『黒夢』の楽曲、『TELL』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

honesty-wallpaper

『TELL』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名TELL
演奏時間3:47
作詞清春
作曲人時
編曲黒夢 & 土方隆行

『TELL』収録アルバム

アルバム名トラック#
CORKSCREW7

メジャー7thアルバム『CORKSCREW』の7曲目に収録。

※『TELL』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

高速で攻撃的な楽曲が多数収録されているアルバム『CORKSCREW』の中、珍しくミディアムテンポな作りになっている楽曲が本作『TELL』。

本作『TELL』、アルバム『CORKSCREW』収録曲の中では特にギター演奏にこだわっている感じがします。

他のアルバム『CORKSCREW』収録曲は高速で攻撃的なパンクというジャンルの性格上、コードをかき鳴らすタイプのギター演奏が多く、フレーズを聴かせるギターは積極的に取り入れられているというわけではないんですね。

一方、本作『TELL』はミディアムテンポなリズムに乗せて“フレーズ的なギター演奏”を楽しむことができます。イントロなどで聴けるこのギターフレーズ、休符を交えたリズミカルなフレーズになっており、ミディアムテンポでも退屈することない色どりを楽曲に与えてくれています。

ところで、本作『TELL』、歌詞という視点で見ると、「正直」という言葉がキーワードになっているように思います。曲中の3度のサビ、いずれにも登場する言葉です。

“正直者が馬鹿を見る”ということわざがありますが、本作『TELL』ではこのことわざのような意味合い、方向性で「正直」という言葉が用いられています。そのまま「バカを見る」という表現も歌詞に使われていますね。

ただ、曲中で「正直」者を馬鹿にしているわけではなく、むしろ、バカを見る正直者を肯定する内容が歌われているのが特徴的です。ずばり肯定する表現が歌詞中にあるわけではないのですが、言葉の端々からそういうニュアンスが伝わって来るのではないでしょうか。

反抗期の少年のようなアルバム『CORKSCREW』と、「正直」をキーワードにした本楽曲『TELL』。

“反抗期の少年”と「正直」という言葉は一見すると対立する概念のようですが、私個人としてはこの二つの要素はどちらも密接に関係している言葉のような印象を持っています。「正直」故に世間の矛盾に嫌悪感を隠せず、結果、“反抗”する…といった感じの関係性。

そういう意味で、本作『TELL』はアルバム『CORKSCREW』になくてはならない一つのピースのように思う次第です。

Amazonで試聴できます。

『TELL』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/Hello! Orange Sunshine

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ラスカ

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Dejavu

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/WITH LOVE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 自身主宰のLUNATIC FEST.ではベテランバンドから若手バンドまでを巻き込み、日本の …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/二人で時代を変えてみたい

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。