個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/Reue

投稿日:

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。

平成から令和への改元でさえネタにして楽曲を創ってしまう彼らは、紛れもなくエンターテイナーですよね。好きなことやって生きているという姿が、彼らと同じ昭和生まれの私にはとてもまぶしいです。

 

今回は、『Reue』の個別楽曲レビューです。

 

one

全体概要

基本情報

アーティスト ゴールデンボンバー
曲名 Reue
演奏時間 3:48
作詞 鬼龍院翔
作曲 鬼龍院翔
編曲 tatsuo & 鬼龍院翔

本作の曲名『Reue』の読み方は”ロイエ”。

英語ではなく、おそらくドイツ語です。意味は“後悔”

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
ゴールデン・アワー〜下半期ベスト2010〜 7

元々は廃盤となった会場限定アルバム『恋愛宗教論』の収録曲。

なお、『恋愛宗教論』収録曲は全て鬼龍院翔自身のブログサイトから無料でダウンロード可能です(2019年5月現在)。

流通盤としては『ゴールデン・アワー〜下半期ベスト2010〜』の7曲目に再録版で収録。

本作『Reue』が『ゴールデン・アワー〜下半期ベスト2010〜』の最終トラックです。

 

レビュー

上述の通り、ドイツ語で”後悔”を意味する言葉を曲名として与えられた作品、『Reue』。

楽曲の内容もまさに”後悔”という名に相応しい内容。いつものおふざけ要素は控えめで、かなり真面目な感じです。

 

しかしながら、なぜわざわざ『Reue』というドイツ語の曲名をつけたのでしょう。”後悔”という日本語の字面がしっくりこなければ、シンプルに英語で”Regret”でもよかった気がするのですがね。英語の方が日本人に馴染みがありますし。

…これはただの想像ですが、もしかすると鬼龍院翔が大きく影響を受けたという『MALICE MIZER』のように英語以外の言語で曲名をつけてみたかったのかもしれません。

『MALICE MIZER』というバンド、やたらと曲名にフランス語を使うのです。今は多言語対応のGoogle翻訳があるのでフランス語でも意味を知ることができますが、2000年前後の当時は物理的な紙の辞書しかなく、読み方すらわからないままでした。(『au revoir』で”オ・ルヴォワール”と読むとか、普通知らんって!読ませる気ないやろ!笑)

『ゴールデンボンバー』の本作『Reue』という言葉はフランス語ではなくドイツ語ですが、“英語以外の欧州言語”ということで、『MALICE MIZER』に倣っているのかもしれません。

 

『Reue』が収録されているアルバム『ゴールデン・アワー〜下半期ベスト2010〜』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】ゴールデンボンバー/ゴールデン・アワー〜下半期ベスト2010〜

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/S-CONSCIOUS

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Will Be King

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”と …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/星降る夜に花束を

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/浸食 〜lose control〜

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/PROLOGUE (〜WORLD ANTHEM)

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。