個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ハツミ

投稿日:2019年1月24日 更新日:

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。

とは言え、有名人が不倫騒動を起こすと未だに“ゲス不倫”などと呼ばれる辺り、世間に対して名を残すということには成功しているのかもしれません(?)

今回は、『ハツミ』の個別楽曲レビューです。

※『ゲスの極み乙女。』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゲスの極み乙女。

swing

『ハツミ』の全体概要

基本情報

アーティストゲスの極み乙女。
曲名ハツミ
演奏時間3:58
作詞MC.K
作曲MC.K
編曲?

作詞作曲のMC.Kは川谷絵音の別名。

『ハツミ』収録アルバム

アルバム名トラック#
踊れないなら、ゲスになってしまえよ7

『ゲスの極み乙女。』2ndミニアルバム『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』の7曲目に収録。

※『ハツミ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

“ハ”で始まって”ミ”で終わるカタカナ3文字の言葉といえば…そう、ハラミですよね!

私は焼肉のメニューの中でこのハラミが一番好きです。気を使わないメンバーとの焼肉であれば、終始ハラミばかり頼んでしまうほどの愛があります。柔らかさと肉の味のバランスがたまらんのやぁ…。

…というのは置いといて、今回のレビューは『ハツミ』ですね。『ゲスの極み乙女。』の楽曲です。

いやはや、字面だけ見ていると、どうしても焼肉を連想してしまう文字列です。なんていっても『ハツミ』ですからね。パッと見が”ハラミ”に似ている上、結局“ハツ”という言葉が出てきてしまっているではありませんか!

横隔膜は諦めても、心臓は諦められなかったということでしょうか。内臓推し半端ないって!

…すみません。置いておくのに失敗しました。

本作『ハツミ』、本当に焼肉とはこれっぽっちも関係の無い楽曲です。むしろ、割とセンチメンタル目な楽曲。語りかけるようなラップとキャッチーな歌メロのサビで構成された、『ゲスの極み乙女。』らしい作品です。

そういうわけで、本来は体育会系なイメージの焼肉とは真逆の、文化系的な雰囲気を纏っている楽曲なのです。冒頭で煙臭くしてすみませんでした。

本作『ハツミ』、ボヤっとした音像のエレピがいいですね。本作のキーワードの一つが「雨」だと思うのですが、このエレピの音が”しとしと降る雨”を脳内に描き出してくれます。

これなら冒頭で撒き散らした焼肉の臭いもすぐに洗い流してくれそうです(しつこい)。

Amazonで試聴できます。

『ハツミ』収録アルバムレビューリンク

※『ゲスの極み乙女。』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゲスの極み乙女。

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/水のない晴れた海へ

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/TVのシンガー

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/WELCOME TO MY DOGHOUSE

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/くじら12号

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/愛なんていらねいよ

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。