個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/瞳に映るもの

投稿日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『瞳に映るもの』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

『瞳に映るもの』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名瞳に映るもの
演奏時間4:47
作詞hyde
作曲ken
編曲L’Arc〜en〜Ciel

『瞳に映るもの』収録アルバム

アルバム名トラック#
Tierra9

オリジナルアルバム『Tierra』の9曲目に収録。

※『瞳に映るもの』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ほぼピアノとhydeのボーカルのみで進行する楽曲『瞳に映るもの』。

インディーズアルバム『DUNE』の#10 『失われた眺め』と同じような楽器構成ですね。初期ラルクはアルバム1枚に1曲はピアノメインの作品を入れたかったのかもしれません。

…ただ、いちリスナーとしては、やはりバンドサウンドのラルクを聴きたい!というのが本心ではないでしょうか。

後半のガラッと印象がかわるピアノの演奏とか、ブワンブワン言いながら乱入するベースとか、けっこう聴きどころのある作品かと思うんですけどね。

私の場合、結局飛ばしがちなトラックになっています。。。

アルバム『Tierra』のリリースから約10年後、本作『瞳に映るもの』と少しばかり似た曲名の『瞳の住人』という楽曲がリリースされました。

どちらも「瞳」を曲名に冠していますが、歌詞を見てみるとそれぞれ視点が真逆になっていることがわかります。

『瞳の住人』の方は、「君」の「瞳に住んでいたい」というフレーズで”いっしょにいたい”という思いを表現しています。つまり、『瞳の住人』で指している「瞳」の所有者は「君」なわけですね。“「君」の「瞳」に映る「僕」”という関係性です。

一方、『瞳に映るもの』は全く逆で、「私」が「あなた」を眺めている風景を歌っています。こちらの「瞳」の所有者は「私」。“「私」の「瞳」に映る「あなた」”という関係性ですね。

こうやって2曲を比べてみると、『瞳の住人』の方が独特な視点という印象です。さすがメジャーデビューしてから10年経ったベテランの切り口といったところでしょうか。

…なんだか『瞳の住人』を持ち上げて終わっちゃいそうです 笑。

確かに『瞳の住人』は名作ですが、『瞳に映るもの』との”共通点”や”相違点”を探りながら聴き比べてみることで改めて『瞳に映るもの』自体のおもしろさに気付けるかもしれません。そして、本記事がそのきっかけになればいいなと思います。

Amazonで試聴できます。

『瞳に映るもの』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Ash Like Snow

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/成龙很酷

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/MOTHER

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 再始動前の2009年、『LUNA SEA』のリードギターを担当するSUGIZOがHIDEの …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/RECALL

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Yes, Summerdays

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。