アルバムレビュー

【アルバムレビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Tierra

投稿日:2019年10月23日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は、『L’Arc〜en〜Ciel』のオリジナルアルバム『Tierra』のレビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

『Tierra』の全体概要

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
アルバム名Tierra
発売日1994/7/14
収録曲数10
演奏時間52:08

メジャーデビュー後1stアルバム。

演奏時間はトータルで52:08。横須賀線で、東京・北鎌倉間くらいの時間です。

レビュー

『Tierra』の収録曲別お気に入り度

各収録曲のお気に入り度はこんな感じです。

#曲名お気に入り度
1In the Air★★★★★5
2All Dead★★★★☆4
3Blame★★★★☆4
4Wind of Gold★★★★☆4
5Blurry Eyes★★★★★5
6Inner Core★★★★☆4
7眠りによせて★★★★☆4
8風の行方★★★★☆4
9瞳に映るもの★★★☆☆3
10White Feathers★★★★★5

空中浮遊系代表の#1 『In the Air』、#10 『White Feathers』が名作です。

※『Tierra』収録曲ごとの個別楽曲レビューもしています。こちらからどうぞ。

『Tierra』全体の感想

キャッチーな曲だけを聴き流すには物足りなく、かと言って重たい楽曲の洪水に身を任せるほど心が病んでいない…そんなとき、私の中で丁度いい選択肢なのが本作『Tierra』です。

ミリオンヒットを連発していた商業的全盛期のような取っ付きやすさは少な目ですが、インディーズアルバム『DUNE』の流れを引き継いだ、丁寧な作りと程よいマニアック感がクセになる1枚です。

アルバム名の『Tierra』とは、スペイン語で“大地”“地球”という意味。英語で言うところの”Earth”に相当する単語でしょうか。

#1 『In the Air』、#10 『White Feathers』のように本作『Tierra』には空に憧れる楽曲が収録されています。

一見すると”大地”とは真逆なテーマの楽曲が収録されているように思えますが、”空に憧れている”というこの状況が非常に大事なポイントなんですよね。

“空に憧れている”というこの状況、別の視点に立てば“大地に縛られた私”と捉えることもできます。”大地に縛られている”がゆえに抱いてしまった”空への憧れ”…。

こう考えると、「Air(空中)」だの「Wind(風)」だの「Feathers(羽根)」だの、大地とは真逆なワードで溢れるこのアルバムに、あえて”大地”を意味する名前が付けられていることに納得感が出てくるのではないでしょうか。

本作『Tierra』、アルバム名の通り”大地”を感じながら聴いてみると、また違った聴こえ方がしてくるかもしれません。

Amazonで試聴できます。

『Tierra』収録曲の個別楽曲レビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-アルバムレビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】GARNET CROW/SPARKLE 〜筋書き通りのスカイブルー〜

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【アルバムレビュー】ゴールデンボンバー/ゴールデン・アワー〜上半期ベスト2010〜

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【アルバムレビュー】PEDRO/zoozoosea

“楽器を持たないパンクバンド”がキャッチコピーのアイドルグループ『BiSH』。そのメンバーの一人であるアユニ・Dのソロプロジェクトが『PEDRO』です。 アイドルのソロとしては …

【アルバムレビュー】hide/HIDE YOUR FACE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【アルバムレビュー】相対性理論/シフォン主義

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの『やくしまるえつこ』がソロでも曲を出し …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。