個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/眠りによせて

投稿日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『眠りによせて』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

『眠りによせて』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名眠りによせて
演奏時間5:15
作詞hyde
作曲ken
編曲L’Arc〜en〜Ciel

『L’Arc〜en〜Ciel』のメジャーデビュー後初の作品であり、ビデオシングルとなった1曲。

今は懐かしいVHS。入手しても、再生する環境が限られそうですね…。

『眠りによせて』収録アルバム

アルバム名トラック#
Tierra7

オリジナルアルバム『Tierra』の7曲目に収録。

※『眠りによせて』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

あのモンスターバンド『L’Arc〜en〜Ciel』がメジャーデビューして初めてリリースした作品が本作『眠りによせて』。ビデオシングルという特殊な形態でリリースされ、その2週間後にアルバム『Tierra』でCD音源化されました。

ただ、”ラルクのデビュー作”という肩書きの割にはあまり知名度のない楽曲という印象。

今のところベストアルバムに収録されていませんので、本作『眠りによせて』のスタジオ音源を聴くにはアルバム『Tierra』を手に取るしかありません。

本作『眠りによせて』の知名度のなさ、これはひとえに楽曲のパンチのなさが原因なんじゃないかと思っています。

パンチがない=駄曲と言いたいわけではありません。『眠りによせて』という曲名通りの穏やかな雰囲気は並みのロックバンドでは作り出せないでしょうし、サビではなくギターソロで一番盛り上がる楽曲展開とか、やっぱり聴いていておもしろいです。

しかし、本作『眠りによせて』のように雰囲気をじっくり楽しませるタイプの楽曲は、キャッチーなメロディーでスカッと聴かせる楽曲に比べて印象に残りにくいです。

また、雰囲気をじっくり楽しませるタイプの楽曲は、その魅力に気づかれるまで多少時間がかかるものです。何度か聴けば好きになれるかもしれない楽曲でも、人によってはそこにたどり着く前に”退屈な曲”だと烙印を押して二度と聴かなくなることもあるでしょう。

魅力に気づかなければ、もちろんそんな楽曲を周りに勧めることもありません。結果として聴いてもらえるチャンスが少なくなり、知名度は行きわたらない…。本作『眠りによせて』について、そんなふうに思っています。

そういう意味では、本作『眠りによせて』がなぜメジャーデビュー作品に選ばれたのか気になりますね。

できるだけ大きな打ち上げ花火を上げ、少しでも世間に知ってもらえるようにするのがメジャーデビュー作品だとすると、もっとキャッチャーでわかりやすい楽曲が適役だと思うので…。

Amazonで試聴できます。

『眠りによせて』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/AGITATOR

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ゲスな三角関係

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 とは言え、有名人が不倫 …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/風の行方

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/バーモント・キッス

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/FALLOUT

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。