個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】hide/Hi-Ho

投稿日:2017年10月7日 更新日:

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。

カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして若くして迎えてしまった死…。

『hide』を聴いたことがある人なら、おそらく誰しも思ったんじゃないでしょうか、”今も生きてたら、どんなことして楽しませてくれてたんだろう”って。

今回は、『Hi-Ho』のレビューです。

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

girl

『Hi-Ho』の全体概要

基本情報

アーティストhide
曲名Hi-Ho
演奏時間5:49
作詞hide
作曲hide
編曲hide

両A面の7thシングル。もう片方は『GOOD BYE』。

『Hi-Ho』収録アルバム

アルバム名トラック#
PSYENCE6
hide BEST 〜PSYCHOMMUNITY〜9
hide SINGLES 〜Junk Story〜7

2ndオリジナルアルバム『PSYENCE』の9曲目に収録。

元々は『PSYENCE』のアルバム曲でしたが、リカットされてシングルになったという経緯があります。

※『Hi-Ho』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アコースティックな雰囲気と、野性的なリズムが印象的な1曲、『Hi-Ho』。

そのせいか、この曲を聴くとキャンプファイヤーを囲みながら大人数が歌っている様子が思い浮かんできます。

「くだらない」とか「どーでもいい」とか、投げやりな言葉が目立ちますね。達観しているとも表現できるかもしれません。そんな気分を、曲名にもなっている『Hi-Ho』という掛け声に込めている、そんな楽曲です。

“ハイホー”と言えば、ディズニーの白雪姫に出てくる子人が歌う曲が連想されますよね。

でも、『hide』の『Hi-Ho』はそれとは関係なさそうです。2番Aメロに登場する「彼女」が白雪姫を指しているのかなとも思いましたが、それを裏付けるような香りはないですね…。

もしそうだったらおもしろいんですけど 笑。

本作『Hi-Ho』、シングル曲なのですが、ファン投票で収録曲が決まったベストアルバム『We Love hide 〜The Best in The World〜』には収録されていません。

この投票結果により、残念ながら、本作『Hi-Ho』はファンの間で人気のある楽曲ではないということが明らかになってしまいました。

個人的には『Hi-Ho』に散りばめられた遊び心が結構好きなんですけどね…。

そう思うと、『hide BEST 〜PSYCHOMMUNITY〜』収録曲のバランスの良さってやっぱりすごい!

『Hi-Ho』収録アルバムレビューリンク

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/愛なんていらねいよ

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Waltz

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】hide/ERASE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/Je te veux

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/市民野郎

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 以降、あまり良くないイ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。