個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】hide/Beauty & Stupid

投稿日:2017年10月8日 更新日:

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。

カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして若くして迎えてしまった死…。

『hide』を聴いたことがある人なら、おそらく誰しも思ったんじゃないでしょうか、”今も生きてたら、どんなことして楽しませてくれてたんだろう”って。

今回は、『Beauty & Stupid』のレビューです。

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

girl

『Beauty & Stupid』の全体概要

基本情報

アーティストhide
曲名Beauty & Stupid
演奏時間4:05
作詞hide
作曲hide
編曲hide

6thシングルの表題曲。

『Beauty & Stupid』収録アルバム

アルバム名トラック#
PSYENCE8
hide BEST 〜PSYCHOMMUNITY〜10
hide SINGLES 〜Junk Story〜6
We Love hide 〜The Best in The World〜 (DISC 1)8

2ndオリジナルアルバム『PSYENCE』の8曲目に収録。

※『Beauty & Stupid』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ロックンロールには付きものの下ネタ。『hide』の楽曲で言えば、本作『Beauty & Stupid』がそれに該当します。

下ネタと一言でまとめていますが、下ネタをどう表現するか、そこにバンドなりミュージシャンなりの個性が現れますよね。『hide』の場合、『Janne Da Arc』ほど露骨ではなく、初期『T.M.Revolution』ほどナンパでもなく、その中間くらいの下ネタ度という感じ。

曲名の元ネタは”Beauty and the Beast”ですかね。”美女と野獣”という邦題のついているディズニー映画。すみません、この映画見たことないので間違ったこと書いちゃうかもしれませんが、おそらく、”美女”と”野獣”がお互いを愛し合い、幸せになるという結末を迎えると思うんです。ディズニー映画ですし。

『hide』の『Beauty & Stupid』も”お互いを愛し合う”というところは共通事項ですが、お互いの関係性が特徴的です。なんせ、「queen(女王)」と「slave(奴隷)」ですからね。「slave」は「queen」の「オモチャ」になりたがっているようです…。バックコーラスでは“あなたの犬になりたい”とも言ってますね 笑。

ノリがよくてポップな曲調なので、ついついカラオケなんかで選曲してしまいそうですが、TPOを弁えないと火傷しそうなのでご注意を。

『Beauty & Stupid』収録アルバムレビューリンク

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Always And Always

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 解散したわけではな …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Round and Round

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 元々3人組のバンド …

【個別楽曲レビュー】B’z/DEEP KISS

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録を保持している『B’z』ですが …

【個別楽曲レビュー】hide/Hi-Ho

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Smile Again

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。 2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。