個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/SADISTIC DESIRE

投稿日:2019年1月11日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

2007年の再結成とその後の新たな飛躍を天国のHIDEも喜んで見守ってくれていると信じています。

今回は、『X JAPAN』の楽曲、『SADISTIC DESIRE』のレビューです。

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

woman

『SADISTIC DESIRE』の全体概要

基本情報

アーティストX JAPAN
曲名SADISTIC DESIRE
演奏時間6:09
作詞YOSHIKI
作曲HIDE
編曲X

HIDE作曲にYOSHIKI作詞という珍しい組み合わせの楽曲。

インディーズアルバム『Vanishing Vision』が初出ですが、メジャーデビュー後、シングル『Silent Jealousy』のカップリングとしてリメイクされました。

『SADISTIC DESIRE』収録アルバム

アルバム名トラック#
Vanishing Vision4
X SINGLES8
B.O.X 〜Best of X〜 (Disc 1 Best of X)8
PERFECT BEST (Disc 2)2

インディーズアルバム『Vanishing Vision』の4曲目に収録。

いくつかのベストアルバムにも収録されており、『X SINGLES』、『B.O.X 〜Best of X〜』にはシングルバージョンが収録されています。

※『SADISTIC DESIRE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

曲名通り、歌詞が非常に暴力的な楽曲、『SADISTIC DESIRE』。

この手の楽曲は比喩を使ったりして、直接的な表現は避けがちなのですが、本作『SADISTIC DESIRE』はそのものズバリの言葉がふんだんに使用されています。音楽でなければR指定されること間違いなしです 笑。

そんなバイオレンスな『SADISTIC DESIRE』ですが、歌詞の内容とは裏腹に楽曲自体はかなり聴きやすいです。

シンプルなギターリフのイントロ、はっきりとしたAメロとBメロ、そしてキャッチーなメロディーのサビという、我々にお馴染みの構成が聴きやすい理由の一つでしょう。そういう意味では、本作『SADISTIC DESIRE』がアルバム『Vanishing Vision』収録曲の中で最もJ-POP的な構成をしているように思います。

この辺りは作曲者HIDEの絶妙なバランス感覚が発揮されているところかもしれませんね。

本作『SADISTIC DESIRE』、上述の通り、インディーズ版とシングル版の2バージョンが存在します。

もちろんメジャーデビュー後にリリースされたシングル版の方が音は洗練されているのですが、個人的にはインディーズ版の方が好きだったりします。サビで聴けるToshlの高音コーラスがインディーズ版がかっこいいんですよね。まさに、「ecstasy」って感じのコーラスです!

VANISHING VISION 2000年 (型番XXC-1001) (Amazonリンク)

(『Vanishing Vision』のAmazonリンクです。『Vanishing Vision』の過激なジャケットを表示させるとGoogle先生に怒られそうなので、文字リンクの配置とさせてください。)

『SADISTIC DESIRE』収録アルバムレビューリンク

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/TEARS OF CHAMELEON (Mr. PAPER MOON)

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! バンド名からして皮肉たっぷりですが、楽曲もバンド名に負けず劣らずの皮肉な内容が多いです。ただ、しっかり芯を捉えた言葉は胸にとっ …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/POWER

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/SYMPTOM

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 復活後も定期的に新作をリリースして楽しませてくれるのみならず、ライブでは最新の技術によって …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Maybe We Could Go Back To Then

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 元々3人組のバンド …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ATENA

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。