個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/PHANTOM OF GUILT

投稿日:2019年1月10日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

2007年の再結成とその後の新たな飛躍を天国のHIDEも喜んで見守ってくれていると信じています。

今回は、『X JAPAN』の楽曲、『PHANTOM OF GUILT』のレビューです。

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

black-and-white

『PHANTOM OF GUILT』の全体概要

基本情報

アーティストX JAPAN
曲名PHANTOM OF GUILT
演奏時間5:18
作詞TOSHI
作曲TAIJI
編曲X

作詞TOSHI、作曲TAIJIのコンビ楽曲は後のアルバム『Jealousy』の『Desperate Angel』や『Voiceless Screaming』でも聴くことができます。

『PHANTOM OF GUILT』収録アルバム

アルバム名トラック#
Vanishing Vision3

インディーズアルバム『Vanishing Vision』の3曲目に収録。

※『PHANTOM OF GUILT』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ザクザクとしたギターリフが印象的な1曲、『PHANTOM OF GUILT』。

本作『PHANTOM OF GUILT』、決してスローテンポな楽曲ではなく、むしろちょっと速め寄りのミディアムテンポくらいだと思います。しかし、アルバム『Vanishing Vision』では超高速ナンバー『VANISHING LOVE』の次曲に配置されているためか、数値上のBPMよりゆっくりな楽曲に聴こえるんですよね。

そんな理由もあり、本作『PHANTOM OF GUILT』、いまいち盛りあがり切らないサビも含めてXの楽曲の中でも少々地味な印象のある作品です。。。

なんだかんだ、Xの楽曲ってYOSHIKIの紡ぐ派手でわかりやすいサビのメロディーが強力な武器なんでしょうね。

本作の作曲者であるTAIJIのグイグイベースとか、聴きどころはきっとあるんでしょうが…なんというか、『VANISHING LOVE』が聴きたくてアルバム『Vanishing Vision』を再生していると流れで耳に入ってくる曲。本作『PHANTOM OF GUILT』は私の中ではそんな位置づけです。

VANISHING VISION 2000年 (型番XXC-1001) (Amazonリンク)

(『Vanishing Vision』のAmazonリンクです。『Vanishing Vision』の過激なジャケットを表示させるとGoogle先生に怒られそうなので、文字リンクの配置とさせてください。)

『PHANTOM OF GUILT』収録アルバムレビューリンク

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】B’z/CAT

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録を保持している『B’z』ですが …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Please, forgive me

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/心ここに在らず

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/WELCOME TO MY DOGHOUSE

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/今夜はトゥナイト

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。