個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/VANISHING LOVE

投稿日:2019年1月9日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

2007年の再結成とその後の新たな飛躍を天国のHIDEも喜んで見守ってくれていると信じています。

今回は、『X JAPAN』の楽曲、『VANISHING LOVE』のレビューです。

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

eye

『VANISHING LOVE』の全体概要

基本情報

アーティストX JAPAN
曲名VANISHING LOVE
演奏時間6:01
作詞YOSHIKI
作曲YOSHIKI
編曲X

『VANISHING LOVE』収録アルバム

アルバム名トラック#
Vanishing Vision2
PERFECT BEST (Disc 1)6

インディーズアルバム『Vanishing Vision』の2曲目に収録。

※『VANISHING LOVE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

曲名から察するに、インディーズアルバム『Vanishing Vision』の目玉曲であると思われる作品、『VANISHING LOVE』。

その正体は、約6分にもわたるノンストップのハイスピードロックナンバーです。

本作『VANISHING LOVE』、BPMは200近いのではないでしょうか。このテンポかつ演奏時間の中、16分音符でバスドラムを連打する箇所が数えきれないほどあります。

こんな演奏、インディーズ時代の若さがあったからこそできる芸当だったはず。いや、それでも無理してたんじゃないかな。そりゃYOSHIKIも身体を傷めますよ 笑。

とにかくハイスピードな演奏に耳を奪われてしまう『VANISHING LOVE』ですが、この当時からYOSHIKIの紡ぐ歌メロの美しさも楽しむことができます。

私のお気に入りは2:20くらいから流れ出す最初のサビっぽいところ。Toshlのハイトーンボイスでコーラスアレンジされた歌メロが印象的でかっこいいです。

ここ、かなりかっこいいパートなんですけど、約6分もある曲の中で1度だけしか登場しません。なので、“サビっぽい”という曖昧な表現を使いました。もっとふんだんに繰り返せばいいのにと思う一方、こんな美味しいところをもったいぶらずに1度だけの使用にとどめるのも、Xというバンドのセンスなのかなと思う次第です。

VANISHING VISION 2000年 (型番XXC-1001) (Amazonリンク)

(『Vanishing Vision』のAmazonリンクです。『Vanishing Vision』の過激なジャケットを表示させるとGoogle先生に怒られそうなので、文字リンクの配置とさせてください。)

『VANISHING LOVE』収録アルバムレビューリンク

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/DEAR FEELING

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね! これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すこと …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/静かの海で

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Only Stay

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/鬼と桜

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/dreaming of love

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。