個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/LOVE SONG

投稿日:2018年3月5日 更新日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を打ち出したのは、このバンドではないでしょうか。『X JAPAN』と並び、後輩バンドへ大きな影響を与えたヴィジュアル系バンドの大御所です。

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『LOVE SONG』のレビューです。

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

emotions

『LOVE SONG』の全体概要

基本情報

アーティストLUNA SEA
曲名LOVE SONG
演奏時間7:11
作詞LUNA SEA
作曲LUNA SEA
編曲LUNA SEA

14thシングルであり、終幕前のラストシングル。

『LOVE SONG』収録アルバム

アルバム名トラック#
PERIOD 〜THE BEST SELECTION〜1
SLOW12
LUNA SEA COMPLETE BEST (Disc 1)12
LUNA SEA 25th Anniversary Ultimate Best -THE ONE- (DISC 1)13

オリジナルアルバムには未収録で、全てベストアルバムでの収録となっています。

※『LOVE SONG』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

本作『LOVE SONG』は演奏時間7分を超える大作バラード。

ただ、後半3分間はラララと連呼するパートなので、Aメロやサビがある歌らしい部分は実質4分程度。

『LUNA SEA』サイドが意識しているかはわかりませんが、この構成は『The Beatles』の名曲『Hey Jude』と似ています。

本作『LOVE SONG』、2000年の終幕前のラストシングルだけあって、バンドの終わりを悲しむファンに向けた歌詞のように聴こえます。長髪を振り回して”カカッテコイ!!”と言っていたRYUICHIからは想像もできないほど「愛」に満ち溢れています

そういう意味では、『LUNA SEA』と『河村隆一』との境界が曖昧な楽曲と言えるかもしれません。ボーカル以外のバンドアンサンブルは間違いなく『LUNA SEA』のそれではあるのですが、リスナーの耳に一番飛び込んでくるボーカルの歌い方と歌詞が『河村隆一』なんですよね。

もしかして、“『LUNA SEA』が終わっちゃうの、仕方ないってわかるでしょ?”ということをファンに伝えるために、わざとこうした楽曲をラストシングルに据えたのでしょうか…。

…と、変な邪推をしてしまいましたが、2010年の復活後に改めて『LOVE SONG』を聴いてみると、普通に良い曲です。

7分という長さなのでヘビロテする気にはなりませんが、たまに引っ張り出して聴いてみると、意外と良い曲だなって思えます。

Amazonで試聴できます。

『LOVE SONG』収録アルバムレビューリンク

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/3年後

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】B’z/BAD COMMUNICATION

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】GLAY/COME ON!!

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ユレルカレル

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 以降、あまり良くないイ …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/White Feathers

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。