個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Wind of Gold

投稿日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『Wind of Gold』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

『Wind of Gold』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名Wind of Gold
演奏時間4:29
作詞hyde
作曲ken
編曲L’Arc〜en〜Ciel

初出はアルバム『Tierra』ですが、後に1stシングル『Blurry Eyes』のカップリングとして”Many Kind of Percussion Mix”で収録されています。

『Wind of Gold』収録アルバム

アルバム名トラック#
Tierra4

オリジナルアルバム『Tierra』の4曲目に収録。

1stシングル『Blurry Eyes』のカップリングにもなっていますが、カップリングベストの『The Best of L’Arc〜en〜Ciel c/w』には未収録。

※『Wind of Gold』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

穏やかなリズムが心地いいスローテンポな楽曲『Wind of Gold』。

…”心地いい”という表現を使いましたが、本作『Wind of Gold』をそんなふうに思えるようになったのは、この楽曲に出会ってから随分経った頃でした。

正直なところ、本作『Wind of Gold』の第一印象は地味の一言だったのです。

キャッチーで分かりやすいサビがあるわけでもなく、耳を引く派手なイントロがあるわけでもなく…。当時の私の中にあった”良い曲”の定義から遠く離れたところに存在する楽曲でした。

本作『Wind of Gold』を”いい曲”と思えるようになったのはいつ頃だっただろうか…。多分、18歳を迎える前後くらいだったんじゃないかな。中二病の症状もだいぶ癒えて来た頃ですね 笑。

そんなタイミングで、今まで地味の一言で片付けていた楽曲たちの魅力にやっと気づき始めたという感じです。

本作『Wind of Gold』について言えば、まずベースのかっこよさに気づきました。

他の楽器が静かな分、余計にベースの音が耳に入ってきやすいということもあったのでしょう。ラルク特有のグワングワンしたベースの良さを、この楽曲から教えてもらった気がします。

それから、歌詞も素敵だなってことに気づきました。

“早く会いたい”という思いを、“地球の自転”に絡めて表現するというセンスに脱帽しましたね 笑。サビの最後に出てくるフレーズです。これは、今でもラルクの楽曲の中では相当上位に入るくらい、私に刺さった言葉です。

ここはあまり盛り上がることなくサラッと歌い流される部分ですが、“大地”を意味する『Tierra』のアルバム名と繋がる、けっこう大事なフレーズなんじゃないかと思っています。

Amazonで試聴できます。

『Wind of Gold』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/Yes, Summerdays

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …

【個別楽曲レビュー】黒夢/くちづけ

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/IN MIND

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 復活後も定期的に新作をリリースして楽しませてくれるのみならず、ライブでは最新の技術によって …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ATENA

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/そのスピードで

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。