個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/NITE & DAY

投稿日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカルの清春とベースの人時の二人で活動していくことになります。2010年の復活後もその体制は変わっていません。

今回は、『黒夢』の楽曲、『NITE & DAY』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

『NITE & DAY』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名NITE & DAY
演奏時間5:08
作詞清春
作曲清春
編曲黒夢 & 佐藤宣彦

メジャー9thシングル。

曲名に出てくる「NITE」は”night”の略語。

『NITE & DAY』収録アルバム

アルバム名トラック#
Drug Treatment11
EMI 1994〜1998 BEST OR WORST 【SOFT DISK】13
黒夢シングルズ9
黒夢コンプリート・シングルズ (A-disc)9

オリジナルアルバム『Drug Treatment』の11曲目に”NEW TAKE”で収録。

※『NITE & DAY』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アコースティックギターの響きが印象的な1曲、『NITE & DAY』。

その楽器構成から、『黒夢』が99年の活動停止までにリリースしたシングルの中で、本作『NITE & DAY』が最も落ち着いた雰囲気のある楽曲と言えます。

“8thシングル『Like @ Angel』から『黒夢』はパンク路線に変わった!”なんて言ってましたが、さっそく前言撤回したくなるほどアコースティックな楽曲が9thシングルとして登場するわけです 笑。

…まぁ、次の10thシングル『Spray』以降またパンク路線に戻るので、本作『NITE & DAY』がちょっと例外的な立ち位置なのでしょう。。。

例外的という意味では、歌詞もそうですね。

8thシングル『Like @ Angel』で反抗心をむき出しにした『黒夢』ですが、本作『NITE & DAY』では少し原点回帰したかのように深刻な恋愛の場面を歌っています。

雰囲気的には、2ndシングル『ICE MY LIFE』や3rdシングル『優しい悲劇』辺りと近いでしょうかね。それこそ、ギターの臣がまだいた頃の『黒夢』が歌っていても、違和感のない歌詞かと思います。

しかしながら、その原点回帰も本作『NITE & DAY』のみ。やっぱり次作の10thシングル『Spray』以降は再び反抗心むき出しの歌詞に変わっていくんですよね…。

上述のように『黒夢』の歴史の足跡をたどってみると、本作『NITE & DAY』の存在が少しばかり異端のように感じます。

ただ、そこに違和感があるかと言うと、決してそういうわけではありません。

『黒夢』のシングルがリリース順に並んだ『黒夢コンプリート・シングルズ』を聴いてみても、本作『NITE & DAY』が『黒夢』の作品としてすんなり溶け込んでいることに気づくと思います。

Amazonで試聴できます。

『NITE & DAY』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/春を愛する人

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュー …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/(恋は)百年戦争

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/ART OF LIFE

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/IN SILENCE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/ヒラヒラヒラク秘密ノ扉

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。