個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/Like @ Angel

投稿日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカルの清春とベースの人時の二人で活動していくことになります。2010年の復活後もその体制は変わっていません。

今回は、『黒夢』の楽曲、『Like @ Angel』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

『Like @ Angel』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名Like @ Angel
演奏時間4:44
作詞清春
作曲清春
編曲黒夢

メジャー8thシングル。

『Like @ Angel』収録アルバム

アルバム名トラック#
Drug Treatment13
EMI 1994〜1998 BEST OR WORST 【HARD DISK】17
黒夢シングルズ8
黒夢コンプリート・シングルズ (A-disc)8

オリジナルアルバム『Drug Treatment』の13曲目に”NEW TAKE”で収録。

※『Like @ Angel』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

本作『Like @ Angel』と言えば、“ダダダ・ダダダ・ダダダダッ”という縦を合わせたキメですよね。曲中に何度も登場する印象的な部分です。

邦楽ロックの有名なキメと言えば、本作『Like @ Angel』の“ダダダ・ダダダ・ダダダダッ”と『LUNA SEA』の『TRUE BLUE』の“ダッダッダッダッダーダーダー”が二大巨頭だと思っています(ダダダだらけで伝わらない 笑)。

本作『Like @ Angel』がアルバム『FAKE STAR』後の初シングルになりますが、この辺りから『黒夢』の音楽性が再び変わっていくように思います。

具体的に言うと、パンク色が強くなってくる感じですね。ギターをかき鳴らして作り出す、贅肉を落としたシンプルかつハードなサウンド。これが本作『Like @ Angel』辺りから色濃くなっていく印象があります。

コテコテのヴィジュアル系サウンドだった1stシングルの『for dear』と比べると、ずいぶん漢(オトコ)らしくなった感がありますね 笑。

そして、サウンドがパンク方面に変わったとともに、歌詞の面でも変化が見られはじめます。

本作『Like @ Angel』以降の『黒夢』のテーマはずばり“反抗”でしょう。

これまでのシングル楽曲を見返してみるとわかりますが、いずれも『黒夢』は”男女の恋愛”を歌っていました。それが、ここに来て大きくテーマを変えることになるわけです。

ここから99年の活動停止まで、ひたすら反抗を歌い続ける『黒夢』。

その「初期衝動」を秘めた本作『Like @ Angel』は、このバンドの大事な1曲なのだろうと思います。

Amazonで試聴できます。

『Like @ Angel』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/そばかす

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/女々しくて

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/カナタヘ…

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/I’ll get over you

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/サイキック No.9

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね! これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すこと …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。