個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/MERMAID

投稿日:2019年4月7日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の世界へ足を踏み入れると、そこには成功者ゆえの苦悩に満ちた孤独の世界を垣間見ることができます。

そこは我々凡人にとっては到底辿り着ける境地ではありませんが、その途方に暮れるほどの景色を、TAKUROの紡ぐ言葉とメロディーによって私たちもほんの少しだけ追体験できるような気がします。

今回は、『GLAY』の楽曲、『MERMAID』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

reflection

『MERMAID』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名MERMAID
演奏時間3:07
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY & 佐久間正英

19thシングル。

『MERMAID』収録アルバム

アルバム名トラック#
ONE LOVE10
THE GREAT VACATION VOL.1 〜SUPER BEST OF GLAY〜 (Disc 1)2

オリジナルアルバム『ONE LOVE』の10曲目に収録。

※『MERMAID』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

2000年7月19日、『L’Arc〜en〜Ciel』の『STAY AWAY』と『サザンオールスターズ』の『HOTEL PACIFIC』、そして本作『MERMAID』の3作品が同じ日にリリースされました

当時勢いのあった3アーティストの同時リリースということで、どの作品がオリコンシングルチャートで1位を獲得するのか注目されていましたが、見事に本作『MERMAID』が1位を獲ることに!『GLAY』の勢いを象徴する一つの出来事と言えますね。

しかし、2000年7月19日にリリースされた作品の最終的な売上枚数で比較すると、初登場15位で大きく注目されていなかった『中島みゆき』の『地上の星』が異例のロングヒット(最終的にはミリオンヒット)を記録。なんと上記3アーティストの作品を上回る数字を叩き出すことに…!

2000年7月19日の対決は3アーティストの勝負と見せかけて、実は4アーティストの勝負だったわけですね。

『地上の星』、なんというダークホース! 笑

さて、本作『MERMAID』ですが、“人魚”を意味する曲名の印象とは異なり、かなり激しめのロックチューンとなっています。

サビでは、“おいで!そうそう 俺を狂わせてくれ”なんて意味の歌詞を歌ってますし(むしろ、なぜ『MERMAID』という曲名なのか…。タイトルと内容に何の関連も無いように思えます…。)。

本作『MERMAID』、ロックチューンだけあって、ギターハーモニクスを連発するかっこいいリフが聴きどころですかね。

イントロでこのリフをガンガン主張するのはもちろん、TERUが1番Aメロを歌い始めてもお構いなしにうるさいギターを弾き続ける流れが最高です 笑。

『MERMAID』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/MORALITY SLAVE

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。 一度 …

【個別楽曲レビュー】B’z/MOTEL

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/悲しきASIAN BOY

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ユレルカレル

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 以降、あまり良くないイ …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/BYE! MY BOY!

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。