個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/ここではない、どこかへ

投稿日:2018年8月18日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”とは無縁なところも、もはや『GLAY』の個性と言えそうです。”平和なロックバンド”というある意味矛盾したフレーズですら納得して飲み込んでしまえる、そんな懐の深さを『GLAY』には感じますよね。

今回は、『GLAY』の個別楽曲、『ここではない、どこかへ』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

compass

『ここではない、どこかへ』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名ここではない、どこかへ
演奏時間5:49
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY& 佐久間正英

17thシングル。

『ここではない、どこかへ』収録アルバム

アルバム名トラック#
HEAVY GAUGE4
rare collectives vol.1 (Disc-2)6
THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜 (Disc 2)8

オリジナルアルバム『HEAVY GAUGE』の4曲目にアルバムバージョンにて収録。また、ベストアルバム『rare collectives vol.1』にはライブバージョンでの収録。

そのため、本作『ここではない、どこかへ』のシングルバージョンが初めてアルバムに収録されるのは『THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜』まで待つことになり、実にシングルのリリース(1999年)から約10年後(2009年)となりました。

※『ここではない、どこかへ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ちょっとかわいそうな扱いを受けている、個人的にそう感じる楽曲が本作『ここではない、どこかへ』。

『GLAY』の商業的絶頂期にリリースされたシングルで、ミリオンヒットには至りませんでしたが、それでもしっかりと90万枚を超える売り上げを誇っています。

『ここではない、どこかへ』のリリースから約1年後、ファン投票で収録曲を決めたベストアルバム『DRIVE-GLAY complete BEST』がリリースされました。

ディスク2枚組で全24曲が収録されていますので、ファン投票で19位を獲得した本作『ここではない、どこかへ』は難なく収録されるかと思いきや、なんと『DRIVE-GLAY complete BEST』には収録されず

売上的にもファンの熱意的にも、ベストアルバム『DRIVE-GLAY complete BEST』に収録されて申し分無いように思うのですが、おそらく『GLAY』側の意向で本作『ここではない、どこかへ』の収録が見送られたのでしょう。

そういう意味で、本作『ここではない、どこかへ』に対して“かわいそうな扱いを受けているな”と感じるのです。

そんな『ここではない、どこかへ』、私は楽曲自体もけっこう好きなんですよね。

『GLAY』のアップテンポナンバーにしては珍しくところどころでピアノが使用されており、これが楽曲に新鮮な色どりを与えているように思います。

バンド外の音を使うのなら、電子音よりピアノの方が『GLAY』のロックには合っているような気もするのですが、実はピアノの導入ってあまり無いパターンなんです(もちろん、バラード楽曲にはふんだんにピアノが取り入れられていますが)。

新鮮と言えば、最後の転調もそうですね。

『GLAY』自体がけっこう転調を使うバンドですが、ブロックごとの転調(例えば、サビだけ転調する等)を多用するイメージがあります。一方で本作『ここではない、どこかへ』は、J-POPでおなじみの、“最後のサビだけ転調”という手法を取り入れています。

使い古されたやり方ではありますが、やっぱりいいですね。最後の盛り上がりが印象的かつ感動的な形で締まります。

最後に、『ここではない、どこかへ』について思うことをもう一つ。

1999年末をもって『GLAY』を解散させるという話がメンバーの中であったそうです。

確か、TAKUROの書いた”胸懐”という本にそんな記述があったと記憶しています。もう10年以上も前に読んだ本なので、少々記憶が曖昧ですが。。。

1999年の解散話は無くなったわけですが、もしこの解散が現実のものとなっていれば、『GLAY』のラストシングルは1999年の一番最後にリリースされた本作『ここではない、どこかへ』だった可能性があるんですよね(厳密には、リカットシングルの『HAPPINESS』がラストシングルになったのでしょうが)。

ベストアルバム『DRIVE-GLAY complete BEST』に本作『ここではない、どこかへ』が収録されなかったのも、この解散トラウマがメンバー内にあるせいなのでしょうか。。。

やっぱり本作『ここではない、どこかへ』、かわいそうな扱いを受けていると思わずにはいられないですね…。

『ここではない、どこかへ』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/BLUE TEARS

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/人工衛星

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/Overture-Millennium-

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Twelve

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/snow drop

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。