個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/サバイバル

投稿日:2018年8月18日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”とは無縁なところも、もはや『GLAY』の個性と言えそうです。”平和なロックバンド”というある意味矛盾したフレーズですら納得して飲み込んでしまえる、そんな懐の深さを『GLAY』には感じますよね。

今回は、『GLAY』の個別楽曲、『サバイバル』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

apple

『サバイバル』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名サバイバル
演奏時間4:34
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY& 佐久間正英

ビデオシングルとしてリリースされた作品。

『サバイバル』収録アルバム

アルバム名トラック#
HEAVY GAUGE3
DRIVE-GLAY complete BEST (DISC 2)6
THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜 (Disc 2)7
REVIEW II -BEST OF GLAY- (TAKURO盤)13

オリジナルアルバム『HEAVY GAUGE』の3曲目にアルバムバージョンとして収録。こちらはカタカナの『サバイバル』ではなく『SURVIVAL』という英語表記となっています。

なお、ビデオシングルバージョンの音源は後のベストアルバム『DRIVE-GLAY complete BEST』にて初めてCD化されました。

※『サバイバル』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『GLAY』というバンドと言えば?…その答えにはいろいろ思い浮かびますよね。

函館出身の4人組ロックバンド、90年代後半のベストアルバムブームの火付け役、1999年のレコード大賞受賞等々。そんな”『GLAY』と言えば?”という答えの中でも共通で”ああ!”となるのは、やはり幕張で行われた20万人ライブではないでしょうか。

日本の音楽史上最大の動員数である20万人という数字が有名なこのライブ、正式には”GLAY EXPO ’99 SURVIVAL“と言います。

そう、『GLAY』の代名詞と言っても過言ではないあの有名な20万人ライブは、本楽曲『サバイバル』の曲名を冠したライブなのです。

このことからも、本作『サバイバル』が『GLAY』の歴史の中で重要な位置づけである楽曲だということが伝わってくるのではないでしょうか。

そんな『サバイバル』という楽曲、当時の『GLAY』のシングルとしては珍しく、”時代”をキーワードにした作品になっています。

当時の『GLAY』のシングル作品、例えば大ヒットした『HOWEVER』にしても『Winter,again』にしても、J-POPらしくと言いますか、やはり一人称の恋愛をテーマにしていましたからね。

当時の『GLAY』側の意識として、”ここまで音楽チャートを賑わせておきながら、時代を変えるような曲は出せていない”という気持ちがあったのかもしれません。

そのため、”時代”をテーマにした本作『サバイバル』という作品が生まれ、歴史に残ること間違いなしのあの20万人ライブに『サバイバル』という名前を冠したと。

私個人はそう考察しています。

90年代後半の日本の音楽界の先頭を走っていたことに疑いのないバンドである『GLAY』。

そんな彼らの視点で見た”時代”というやつを今一度聴いてみてはいかがでしょうか。

『サバイバル』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/dreaming of love

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Anemone

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】GLAY/VIVA VIVA VIVA

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Providence

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】黒夢/feminism

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 1994年のメジャーデビュー後、順調にセールスを伸ばしていた中1999年に無期限の活動停止を発表。そしてその約10年後の2010年、 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。