個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/静かの海で

投稿日:2019年3月25日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『静かの海で』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

water

『静かの海で』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名静かの海で
演奏時間7:14
作詞hyde
作曲L’Arc〜en〜Ciel
編曲L’Arc〜en〜Ciel

演奏時間7分越えと、アルバム『heavenly』収録曲の中では本作『静かの海で』が最も長尺。

メジャーデビュー後の楽曲で、作曲のクレジットが『L’Arc〜en〜Ciel』になっているのは本作『静かの海で』が唯一です。

『静かの海で』収録アルバム

アルバム名トラック#
heavenly9

オリジナルアルバム『heavenly』の9曲目に収録。

※『静かの海で』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

hydeの独唱で幕を開ける作品、『静かの海で』。

パーカッションがなかなかリズムを刻みださないのでスローテンポな楽曲という印象がありますが、BPMを軽く測ってみたところ130前後の数字が出たので、そこまでスローというわけではないようです。

しかし、本作『静かの海で』、独特な楽曲ですよね。

まず、何って、耳に入って来る音が独特です。

序盤のhydeが独唱する後ろで聴こえる“ほい~ん”という効果音とか、途中から入って来る“ぷわ~ん”というギターの音とか。

曲名通り、”静かの海”という雰囲気を演出する目的だと思いますが、ラルクの楽曲ではなかなか耳にする機会の無い種類の音です。慣れるまでは、”お、おぅ…”って反応になるところではないでしょうか 笑。

それから、本作『静かの海で』、演奏時間のちょうど半分である3分40秒辺りを境に前半と後半に分けられます。前半で時間をかけてAメロとBメロを繰り返し、後半はその全てを使ってサビを展開…という感じ。これもこの楽曲の独特なところです。

本作『静かの海で』の後半は常に「feel heavenly」というコーラスが流れ続けます。

本作『静かの海で』が収録されているアルバムのタイトル『heavenly』という言葉の入ったフレーズが繰り返される箇所ですので、ここは楽曲単体のサビというより、アルバム全体のサビと言ってもいいかもしれませんね。少なくとも、アルバム『heavenly』の中で最も意味深なパートと言っていいと思います。

…そして「feel heavenly」のコーラスが終わり、ディレイがかかった美しいギターが流れた後、最後は“唐突に赤ちゃんの笑い声”が入って楽曲終了。

“え?生命誕生を歌った楽曲だったの?”と思わされますが、もう一度聴いてみても、そんな感じはしません。むしろ、その逆の内容を歌っているくらいに感じられますが…。

…いやぁ、やはり本作『静かの海で』は独特です。

Amazonで試聴できます。

『静かの海で』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/Freeze My Love

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Naked Story

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/デスメンタル

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/BLUE TEARS

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Shout at the Devil

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。