個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】hide/POSE

投稿日:2017年10月13日 更新日:

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。

カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして若くして迎えてしまった死…。

『hide』を聴いたことがある人なら、おそらく誰しも思ったんじゃないでしょうか、”今も生きてたら、どんなことして楽しませてくれてたんだろう”って。

今回は、『POSE』のレビューです。

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

pantomime

『POSE』の全体概要

基本情報

アーティストhide
曲名POSE
演奏時間4:54
作詞hide
作曲hide
編曲hide

曲名の『POSE』、日本語でも”写真のポーズを取る”なんて文脈で使われる単語です。『POSE』という単語、他にも”見せかけ”なんて意味も持っています。”あいつの言うことはポーズだ”って感じで、日本語でも時々この意味で使われますね。本作『POSE』は後者の”見せかけ”の意味で解釈する方が合っている気がします。

ちなみに、格闘ゲームなんかで出てくる”ポーズ(中断)”はスペル違いで”pause”。”pose”と”pauseでは”発音も若干違いますが、まぁ、細かいことは置いておきましょう。

『POSE』収録アルバム

アルバム名トラック#
PSYENCE14
hide BEST 〜PSYCHOMMUNITY〜15
KING OF PSYBORG ROCK STAR7

2ndオリジナルアルバム『PSYENCE』の14曲目に収録。

『KING OF PSYBORG ROCK STAR』にはライブバージョンで収録されています。

※『POSE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

リズミカルな卓球のラリー音がオープニングを飾る『POSE』。

とにかくイントロや間奏がかっこいい1曲です!

特にイントロの40秒~55秒辺りがお気に入り。このパート、RPGのボス戦風な雰囲気がありません?若干ホラーゲームっぽさのあるギターと疾走感のあるリズムが癖になります。

私の中では、スクエニのホラーRPG”parasite eve”のイメージ。ミトコンドリアに支配されたクリーチャーが跋扈する、冬のニューヨークが頭の中に描かれます。

あと、1番のBメロ1回目とAメロ2回目の間にある間奏、ここもかっこいい!

『hide』の楽曲にしては珍しく、ピアノがフィーチャーされたセクションになっています。アンダーグラウンドな雰囲気漂う中、ピアノが奏でるオリエンタルなメロディー。いいですねぇ。

本作『POSE』、『ROCKET DIVE』や『ピンク スパイダー』ほど派手な立ち位置ではありませんが、『hide』の楽曲のかっこよさを味わうという意味では、こういった有名曲にも負けないパワーがあります。

その両方を納めた『hide BEST 〜PSYCHOMMUNITY〜』のバランスって、やっぱすごいな。

『POSE』収録アルバムレビューリンク

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Just be you

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。 2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/地獄先生

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】ZONE/恋々・・・

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/SEARCH FOR REASON

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 復活後も定期的に新作をリリースして楽しませてくれるのみならず、ライブでは最新の技術によって …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/愛なんていらねいよ

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。