個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Ray

投稿日:2018年9月6日 更新日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE”と呼称し、”バンドとファンが作り上げる閉鎖的空間”というヴィジュアル系独特の文化を創り出したのも『LUNA SEA』が先駆けだったのではないでしょうか。

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『Ray』のレビューです。

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

delicate-arch

『Ray』の全体概要

基本情報

アーティストLUNA SEA
曲名Ray
演奏時間7:33
作詞LUNA SEA
作曲LUNA SEA
編曲LUNA SEA

8thシングル『IN SILENCE』のカップリング曲。

『Ray』収録アルバム

アルバム名トラック#
SINGLES (Disc 2)7
SLOW7
LUNA SEA COMPLETE BEST (Disc 3)7

ベストアルバム『LUNA SEA COMPLETE BEST』にも収録されていますが、Disc 3はASIA LIMITED EDITION限定です。

…どのアルバムも見事に7曲目に収録…!

※『Ray』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『RAIN』と並び、カップリング曲ながらも複数のベストアルバムに収録されている楽曲が本作『Ray』。

ベストアルバムに何度も収録されているということは、それだけの魅力が本作『Ray』にあるわけです。

ただ、一聴しただけでは本作『Ray』の秘めたる魅力には気づきにくいかもしれません。現に私の中での『Ray』の第一印象は”退屈”の一言でした…。

というのも本作『Ray』、サビが全然盛り上がらないタイプの楽曲なんです。

なので、サビの盛り上がりに期待する聴き方をしてしまうと、ちょっと期待外れな印象を抱いてしまう結果になるのです。

本作『Ray』は『LUNA SEA』が得意とする、バンドサウンドで聴かせる楽曲なんですね。サビの耳残りに楽曲の個性を持たせるのではなく、楽曲全体の雰囲気そのものが魅力というタイプの楽曲です。

J-POPのノリで歌メロばかりを追いかけていては本作『Ray』の魅力はわからない…と言っても過言ではないでしょう。

そんなわけで、私は本作『Ray』の魅力に気付くのに、若干時間がかかってしまいました。

しかし、一度魅力に気付いてしまったら、後はもう為すがままです。

演奏時間が7分半もあるのですが、今ではこんなの一瞬だと感じるようになりました 笑。

Amazonで試聴できます。

『Ray』収録アルバムレビューリンク

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/スレッドダンス

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 とは言え、有名人が不倫 …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/True colors

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/crying match

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】hide/50% & 50%

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】GLAY/誘惑

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。